スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ハイビスカス
- 2007/07/31(Tue) -
IMG_3462_sh02.jpg

IMG_3469_sh01.jpg

ハイビスカス(アオイ科)
我家最近やってきたハイビスカス。
(ちょっと可愛すぎる)
しかし今年の夏はこの花でトロピカルな雰囲気を楽しむことにいたしましょう。

本当は、白だけのものが欲しかったのですが、 妥協してこれになってしまいした。
いつか白に出会ったら、又買ってしまうかもしれません。
そうやって、たくさんの鉢を抱え込むことになってしまうんですね。
困ったことです。


スポンサーサイト
この記事のURL | 季節の植物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
フランネルフラワー
- 2007/07/30(Mon) -
IMG_3449_sh01.jpg

IMG_3452_sh01.jpg

IMG_3451_sh01.jpg

フランネルフラワー フェアリーホワイトが咲きました。
酸性土壌を好むということだったので、ピートモス 鹿沼主体で植え替えをしました。
なんだかひ弱そうな花ですが、意外と丈夫みたいです。
まだ1ヶ月ほどしか育ててないので、自信を持って言えませんが。

この質感 他の花では味わえないかも知れません。
生きている花じゃないみたい。
触ると冷たいんじゃあないかな と思わせます。

でもお気に入りです。
我家に来たときには、ほぼ花は終わっていたので我家でははじめての開花です。

今日11時頃から、こちらものすごい土砂降りの雨となりました。
我家の前の道路沿いの電柱 今 立替工事をやっています。
クレーンのような物に乗った、作業中の人達 そんな雨をものともせず作業を続行していました。
流石 プロだなーとしばし眺める。
嵐のような豪雨の中しばし眺める私もかなり 変。


この記事のURL | 季節の植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Julia’s Rose
- 2007/07/28(Sat) -
IMG_2394_sh02.jpg

IMG_3444_sh01.jpg

まだ間に合ううちに、バラの蕾を摘むがいい
  昔から時間は 矢のようにとんでいくものなのだから。
ここにさいているこの花も 今日は微笑んではいるが、
  明日には死に果てていく物なのだから。

ロバート ヘリックの詩 To The Virgins,to Make Much of Time
の部分です。


本格的な暑さの到来です。
水やりを忘れた鉢の葉が一挙にドライになってしまいました。

何とか頑張って乗りきりましょう。
 

ジュリアの写真は、5月に撮った物です。




この記事のURL | Calligraphy | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ブラックベリー
- 2007/07/27(Fri) -
IMG_2674.jpg

IMG_3420_sh02.jpg

IMG_3431_sh01.jpg

5月の後半に咲いていた白い花が実を結び黒く熟して 今 果実酒に。

毎朝、黒く熟れた実を収穫して、ホワイトリカーと氷砂糖を加えていった物です。
昨年はこのビンで3本作りました。
今年は2本ぐらいになるかな?
まだ、収穫中ですので。

さてこれが美味しいお酒になるのか?
私はお酒の味が、あまり解らないのでなんともいえませんが、まあ家族は,気をつかってか美味しいと言ってくれます。

確かに赤いきれいな色のお酒になる。
確かにある程度甘いお酒になる。
確かにいい気分に酔っ払う。

私のお酒の感想はこんな感じですが、
毎朝黒くピカピカの実を収穫するのは、確実に楽しい!



この記事のURL | Cooking | CM(4) | TB(0) | ▲ top
Sweet Julliet
- 2007/07/26(Thu) -
IMG_3254_sh01.jpg

IMG_3429_sh01.jpg


シェークスピアの「ロミオとジュリエット」
有名なバルコニーの場面での、ジュリエットの台詞。

 「名前って何なの!バラと呼んでいる花を 別の名前にしても美しい香りはそのままだわ。」

と言う感じです。
家柄が何なのロミオはロミオだわ
という意味をこめて。

想像で書いておりますので、その程度に見ていただければ、嬉しいです。

UNCIAL(アンシャル)体





この記事のURL | Calligraphy | CM(4) | TB(0) | ▲ top
百人一首の切手
- 2007/07/25(Wed) -
IMG_3401_sh01.jpg

今日郵便局で購入しました。
毎年 文月(7月)のふみ(23日)の日に、こんなきれいな切手を発売しているようです。
きれいなデザインの切手が好きなので、今日はとってもラッキーでした。
この切手を買いたいと前から思っていましたが、忘れていましたので。

「春過ぎて 夏来にけらし 白妙の衣ほすちょう 天の香具山」
                      持統天皇
なども入っています。


IMG_3400_sh02.jpg

そして、おまけにこんな物ももらってしまいました。
可愛いいんですけどね。

この記事のURL | 未分類 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
A Red, Red Rose
- 2007/07/24(Tue) -
IMG_3366_sh01.jpg

IMG_3387_sh02.jpg


今日の Francis Dubreuil が一番実物に近い色に撮れたような気がします。
練習中のイタリック体バリエーションでロバートバーンズの詩
「赤い薔薇」

この記事のURL | Calligraphy | CM(4) | TB(0) | ▲ top
熱帯睡蓮
- 2007/07/22(Sun) -
IMG_3375_sh01.jpg

IMG_3376_sh01.jpg

IMG_3380_sh01.jpg

IMG_3379_sh01.jpg


今日憧れの熱帯睡蓮購入。
しかしずいぶん小さい。
いつもブログを見させてもらっている方がたの睡蓮とは、比べ物にならないけど、一応睡蓮には、違いないようだし、何とか生きてるようだし、とりあえずバケツに沈めました。
株の中心に、充分日が当たるようにして、眺めてます。

今から本格的夏に突入、水の中の葉っぱの変化を眺めるのも、いいかも・・・ですよね。


この記事のURL | 睡蓮 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
Rhapsody in Blue
- 2007/07/21(Sat) -
IMG_3370_sh01.jpg

IMG_3368_sh01.jpg

ラプソディ イン ブルー

きれいな色で2番花です。
その時により、微妙な変化を見せますが、いつの色も、とても魅力的です。

ゲラニューム ボストンズ ブルー
他のゲラニュームはもう咲いていませんが、これだけは今も元気です。
匍匐性なので広がってきました。

サッカー
日本対オーストラリア、1対1

PK戦は見てられません。コーヒーを入れに台所にたちました。
オシム監督も、見ないというか見れないんですね。
「自分が見ると勝率がよくない』と言ってたけど。

結果 OK よかった ホッ!

この記事のURL | Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Mme Isaac Pereire
- 2007/07/20(Fri) -
IMG_3259_sh01.jpg

マダム・イザアック・ペレール(ブルボン)
今春新苗で購入しました。
強健種のようで葉も落とさずに、今頃 初開花しました。

うーん!ちょっと強烈な色だったかな。
我家のような環境でで咲いてくれたのだから、ありがたいと思うべきですが。
小さな虫がついています。
最近よく見かけますが、これはバラのとって益虫なのか、害虫なのかどちらなのでしょう?

半つる性ということなので、どこか場所を見つけて地植えにしなくてはと思っています。

この記事のURL | Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
カサブランカ
- 2007/07/19(Thu) -
IMG_3363_sh01.jpg

IMG_3364_sh01.jpg

オリエンタル系のユリ カサブランカが咲き始めています。

このユリがどうしてカサブランカという名前なのか?
Casa Blanca(白い家)ということなのかな?

モロッコの大都市カサブランカ

映画 「カサブランカ」は、ハンフリーボガードの名台詞「君の瞳に乾杯!」で有名ですよね。
トレンチコートのボギーが、イングリッド バーグマンにささやくのです。
きざな言葉ですが、ハンフリーボガードだから決まるんですよね。
日本語字幕の作り手の勝利という気もします。

まあそんなことはどうでもいいのですが、花の名前をつける時、
カサブランカに決めた事情はぜんぜん知りませんかがセンスのいいネーミングだと思います。

しかし我家のカサブランカはどう見てもそんなにかっこよくはありません。
残念ですが!


この記事のURL | 季節の植物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
This Is Just to Say
- 2007/07/18(Wed) -
IMG_3341_sh04.jpg

This Is Just to Say

  I have eaten
  the plums
  that were in
  the icebox

  and which
  you were probably
  saving
  for breakfast

  Forgive me
  they were delicious
  so sweet
  and so cold

  William carlos williams 

なんでもない日常の一こまが新鮮なな感じで、
切り取られたウイリアム カルロス ウイリアムスの詩です。
夫(語り手)から妻(you)に書いたメモというイメージで
書いてみました。


 
この記事のURL | Calligraphy | CM(2) | TB(0) | ▲ top
フロックス
- 2007/07/17(Tue) -
IMG_3356_sh01.jpg

IMG_3357_sh01.jpg


フロックス(ハナシノブ科)
雨にぬれて、いい感じです。
梅雨はなんてったって フロックスですよね。
(これしか咲いてなかった。)

サンパーチェンスという名前で販売されているインパーチェンス?
インパーチェンスに比べるとこちら断然たくましいです。
挿し木した物を師匠にもらったのですが、ぐんぐん大きくなっています。

これが梅雨の正しい姿、静かに雨が降り続いております。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Lavender Pinocchio
- 2007/07/16(Mon) -
IMG_3081_sh01.jpg

IMG_3100_sh01.jpg

ラヴェンダー ピノキオ
咲き進むと、下のようになります。
黒点病になり、葉っぱを落としてしまいますが、しばらくすると新しい枝を伸ばし,よみがえります。
いつもいい状態で維持するのは、我家の場合不可能です。
まあしょうがないか と考えてまめに汚い葉っぱを取り掃除する その程度を心がけて育てています。

ピノキオとグレイパールを親に持つ、ラヴェンダー ピノキオ お気に入りです。


この記事のURL | Roses | CM(4) | TB(0) | ▲ top
アンティークタッチのバラ
- 2007/07/14(Sat) -
アンティークタッチのバラ
IMG_3283.jpg

Charles Rennie Mackintosh(ER)
IMG_3284_sh01.jpg

フォルストマンズ ローゼン レズリー
IMG_3286.jpg


アンティークタッチのバラ レッド
という名前?でホームセンターにありました。
その時は強剪定の裸苗です。
本格的ガーデナーの方は、見向きもしないだろうと思うのですが、
そこは初心者の私です、興味半分に購入しました。
ブログを始める前は、別に困ることもなかったのですがこの名前では,UPするのに躊躇してしまいます。

でも まあ、きれいに撮れたので、UPです。
実物はもうちょっと黒っぽい赤です。

強力な台風接近中です。
皆様の、それぞれの地域で被害がでませんように。

この記事のURL | 季節の植物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ホスタとポテンティラ
- 2007/07/13(Fri) -
IMG_3330_sh02.jpg

IMG_3322_sh01.jpg

1Mほどにもなったホスタ、花が上がってきました。
葉にも目だった特長がないので、名前の特定ができません。
友人が昔、イギリスの種をまいた物だそうです。
その株分けで、我家の庭に定着しています。

ポテンティラ小さな花ですが、可愛いです。

サッカー日本とUAE戦 今 後半です。中村と高原の得点で、
今 3-0 ひき続き がんばれー!

この記事のURL | 季節の植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
宿根アスター
- 2007/07/12(Thu) -
IMG_2999_sh02.jpg

宿根アスター(キク科)
が咲き始めてしまいました。
摘心もせず、そのまま放置していたら、咲きはじめています。
今咲かせても、と言うかもう咲いてしまいましたが、秋にも咲くのかな?
ブルーの八重咲きで、きれいな花です。

今日も断続的に雨がふっています。
完全に乾燥することがないので、コケ類も勢いよく広がっています。
主に厄介者のゼニゴケですが。




この記事のURL | 季節の植物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
Scabiosa
- 2007/07/11(Wed) -
IMG_3270_sh01.jpg

IMG_3277_sh01.jpg

IMG_3274.jpg

IMG_3276_sh01.jpg

スカビオサ(マツムシソウ科)
ひいて撮れないところが、ちと つらいです。
買った時は、姿勢よくすっきり立ち上がっていたのですが、
なぜか今はぐにゃぐにゃに伸びています。
それに、下葉から黄色くなってきたし、危険な状態かもしれません。
それで一応記念写真のつもりです。
可愛くって気に入っているのですが、なんだかうまくいきません。

今日は曇り空、風もなく空気が静止状態です。


この記事のURL | 季節の植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コロカシア ブラックマジック
- 2007/07/10(Tue) -
コロカシア ブラックマジック(サトイモ科)
IMG_3251_sh02.jpg

フロックス(ハナシノブ科)
IMG_3253_sh01.jpg

プリムラ シネンシス スタラータ
IMG_3257_sh01.jpg

銅葉のサトイモと呼んでいましたが,たぶんブラックマジックではなかろうかと、思っています。
と言いつつもうタイトルにしてしまいました。
まだ小さいのですが、大株になれば、きっとインパクトのあるステキな
風景を作ってくれそうなサトイモ君です。

プリムラ シネンシス スタラータは2月くらいから、今も咲き続けています。このまま夏越ししそうです。
ずいぶん花は小さくなりました。
この蒸し暑さ、ご苦労様と声をかけたい感じです。 


この記事のURL | 季節の植物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
アガパンサス
- 2007/07/09(Mon) -
アガパンサス(ユリ科)
IMG_3015_sh01.jpg

オレガノ(シソ科)
IMG_2981.jpg

カラー(ユリ科)
IMG_3007_sh01.jpg

アガパンサス白も大好きです。
オレガノ これは観賞用のもで、香りはあまりないようです。
カラーこれはピカピカの葉がきれいです。
今春に植え換えしたせいか、いつものようにたくさんは咲きませんでした。
それに白だったのに、ピンクになっています。
来年は、白で咲くようにお願いしたいですけど
、聞いてくれるかどうか?



この記事のURL | 季節の植物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
Phlox Paniculata
- 2007/07/08(Sun) -
フロックス(ハナシノブ科)
IMG_3126_sh01.jpg

カラー(サトイモ科)
アルバマクラータ
IMG_3130_sh01.jpg

フォルストマンズ ローゼン レズリー(FL)
IMG_3132.jpg

いちじく
IMG_3135_sh01.jpg

庭のあちこちに植えてある、白いフロックスが咲き始めました。
カラー アルバマクラータは、今年2度目の花、白い斑入りの葉もきれいです。
フォルストマンズ ローゼンレズリー2番花、1番花に比べると、小さくなりましたがたくさん咲いています。
イチジク 近所の方に、枝を頂き挿し木して3年目、もうすぐ食べられそうな実をつけています。
鳥が見つけて食べるか、それとも私の口に入るか、熾烈な戦いです。


この記事のURL | 季節の植物 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ブリリアント ピンク アイスバーグ
- 2007/07/07(Sat) -
ブリリアント ピンク アイスバーグ(FL)
IMG_3044.jpg

ラベンダーピノキオ(FL)
IMG_3042.jpg

ホワイト ウイングス(FL)
IMG_3045.jpg


Floribundaの3種類 2番花です。
この季節、虫の被害にあったり、肥料不足だったり、なかなかいい花が見られません。
それでも4期咲きのどれかが何時も咲いて、朝の庭を、彩っています。



この記事のURL | Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ミスティーパープル
- 2007/07/06(Fri) -
ミスティーパープル(HT)
IMG_3105.jpg

プリンセス オブ ウエールズ(FL)
IMG_2212_sh01.jpg

セント セシリア(ER)
IMG_2217_sh01.jpg


好評につき?昨日に引き続き雨粒特集です。

今日は、許せる範囲の雨粒です。

こうして雨粒ばかり見ていますと、雨粒自体が生命のある物のように、見えてくるから、不思議です。


追記

ー「この味がいいね」と君が言ったから 七月六日はサラダ記念日ー
         俵万智

 この斬新で新鮮な切り口が、いいですよね。
(81ポイント3のJウェーブ今聞いてたので、気がつきました。)







この記事のURL | Roses | CM(5) | TB(0) | ▲ top
ご用とお急ぎでない方は・・・・
- 2007/07/05(Thu) -
IMG_3107.jpg

ご用とお急ぎでない方は、写真をクリックしてください。雨粒いっぱいのシャルロットです。
ちょっと雨粒を振り落として撮るべきだったなぁーと思いましたが、
まあこれはこれで面白いかなと今日の1枚です。

不気味な予兆を感じます。

昨日の朝、雨の中 傘もささずに、撮りました。
かなり暇人です。




この記事のURL | Roses | CM(4) | TB(0) | ▲ top
Hamerocallis
- 2007/07/04(Wed) -
ヘメロカリス ホワイトマジック(ユリ科)
IMG_3088.jpg

エキナセア(キク科)
IMG_3085.jpg

アークトチス グランディス(キク科)
IMG_3074.jpg


7月に入り、今年も後半に突入しました。

ラテン語では,7月をIuliusというそうです。
ユリウスカエサルの出生月であるこの月を
暗殺事件以降ユリウスにしたとか。
「だからどうした」と突っ込みたい方もいらっしゃると思いますが、今、頭の中、「ローマ人の物語」にどっぷり浸かっていますもので。

さて本題に戻りますが、最近購入のヘメロカリス、エキナセアどちらも、すっきりした感じが気に入っています。
まだまだ小さい株ですが、大きくたくましく育てたい植物です。




この記事のURL | 季節の植物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
Francis Dubreuil
- 2007/07/02(Mon) -
IMG_3040.jpg

IMG_3038.jpg

フランシス・デュブルーユ(Tea)
ベルベットのような質感のある花です。
内側がロゼットになるところが、いいでしょう!。
蒸し暑い日か、または今日の様などんより曇った日が続くなかで、
やる気充分に咲いています。

ただし 1個だけ。


この記事のURL | Roses | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。