スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Prosperity
- 2007/09/30(Sun) -
IMG_3996_sh02.jpg

プロスペリティ(HMsk)
枝垂れて咲いていたので、1番きれいな時を見逃したようです。
それでうなじから。

雨続きです。『残暑』から、『新涼』に変わり今日などは、
『秋冷』という感じになってきました。

秋寒、肌寒、なんというべきか?

とにかく急に寒く感じます。
(3日ほど前はクラーですごしたのがうそのよう。)


スポンサーサイト
この記事のURL | Roses | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Rhapsody in Blue
- 2007/09/29(Sat) -
IMG_3983.jpg

ラプソディ イン ブルー
花は小ぶりですがいい感じの色に咲いてきました。
秋雨にぬれてひっそり咲いていました。

IMG_3978_sh01.jpg

ペラルゴニューム シドイデス
ペラルゴニュームには珍しく四季咲きです。
シルバーリーフに小さく紫花。
ラプソディ イン ブルーと相性がよさそうなので、
小さめに入れました。



この記事のURL | Roses | CM(4) | TB(0) | ▲ top
Pascali
- 2007/09/28(Fri) -
パスカリ(HT)
IMG_3971.jpg

フランネルフラワー フェアリーホワイト
(セリ科)
IMG_3976.jpg

パスカリ、剣弁高芯咲きのオーソドックスなバラです。
うちではHTのバラは少なくなっていますが、これは結構お気に入りです。
シュートが出にくい品種で樹形もよくないのですが、
たまにこうやってステキに咲いてくれます。

フランネルフラワー全体では、ちょっと哀れな姿で下葉から黄色くなっていますが、
アップで撮るときれいです。
夏の間は肥料を控えたので、今 不足気味かもしれません。

今日は暑くてクラー生活でしたが明日は涼しくなりそう。


この記事のURL | Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
オキザリスとサルビア
- 2007/09/27(Thu) -
IMG_3958.jpg

IMG_3970.jpg

オキザリス(カタバミ科)
サルビア(シソ科)

今日 Canon PowerShot S1 IS
戻ってきました。

オキザリス、植えっぱなしで、次々に庭ののあちこちに増えています。
普段気にも留めないのですが、特徴のある形の葉の紫とピンクの小さな花、
バランスがよくてなかなかきれいです。

サルビア、ずいぶん伸びて丁度目線の先に咲いて、秋らしい風情を
造っています。

今夜はせっかくの満月だったのに、雲に隠れて見えませんでした。
十五夜の時には、冴えざえと美しく宇宙を見通せるような月だったのに残念でした。


この記事のURL | 季節の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クリミーホワイトのバラ
- 2007/09/26(Wed) -
IMG_3747_sh01.jpg


名前のわからないバラ。
外側の花弁が痛んでいるので切り取りはじめてのアップです。
丈夫でなかなか優れもの、名前がわからないので
とりあえず我家では、バニラアイスとでもしておこうかな。

ホームセンターでアンティクタッチのバラという表示で、販売していたものです。
付いていた、写真がとっても気に入り買ってしまいました。

本格的なバラ愛好家はきっとこんな買い方はしないんだろうなと
思いつつ書いています。

どんなルーツを持つのか解らないというのも、
ちょっと心もとない気がしますよね。









この記事のURL | Roses | CM(0) | TB(0) | ▲ top
たそがれ
- 2007/09/25(Tue) -
IMG_3916_sh05.jpg

たそがれ(フロリバンダ)
1977年 小林森冶作出
小林氏は わたらせ、オンディーナ、紫の園、青龍などの作出者です。

青系のバラはなかなか気難しく、上手に育てられませんが、
カタログ等見ていると、ついブルー系に目が行ってしまいます。
このたそがれも、駒場バラ園で魅了され、新苗で購入したものです。
その後も、そのときの大きさとあまり変わらず、調子のいい株とはいえません。
でも、いつか駒場で見たあの『たそがれ』のように、
ステキに咲いてくれることを信じて、これもギリギリ残留組。

この写真のたそがれ、シベも茶色になり、咲き終わりですよね。
ほんとはラベンダー色に、黄色のシベが印象的な花です。
こんな写真しかなく、残念です。


この記事のURL | Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
巾着袋を作る。
- 2007/09/23(Sun) -
IMG_3794_sh01.jpg

最近作った巾着袋。
ミシンでいろいろなもの作るのも大好きです。

なんでもありのブログになりそうなので、
だから、小さめに。
(クリックすれば大きくなります。)
エッ 見たくないって!そうですよね。


カメラ早く帰ってこいよ~!(笑)
(只今デジカメ修理中)


この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
熱帯睡蓮ドゥベン
- 2007/09/22(Sat) -
IMG_3850.jpg

熱帯睡蓮,この暑さをものともせず,次々に咲いています。
ティナーもまったく同じ状態です。

最初ホームセンターから買ってきたときの写真
IMG_3509_sh01.jpg


ブログおよび園芸の先輩の方々からアドバイスいただき5号鉢?に植え替え、
肥料を入れて、その後 容器を大きくし 今にいたっています。

最近気がついたのですが、5号ではなく6号鉢に、植え替えていました。
5号と6号が、見た感じで解らないところが、園芸初心者ですよね。

あれよあれよ という間に、大きくなり 今計ってみましたら、
花は直径12cm 葉は15cm 茎は7mmほどの太さです。

チビだった苗が、6号鉢にふさわしくたくましく成長して
清々しい花を次々に咲かせるようになりました。
植えつける鉢又それを入れる容器で、
それに適した大きさになるらしい とは聞いてはいましたが、
まったくその通りです。

今年初めて、睡蓮を育ててみましたが、その成長ぶりには驚かされます。
そして容器の中のメダカも子供を生みました。
乏しい私の園芸経験ですが、
睡蓮の生命力とメダカのバイタリティにすっかり魅了された夏でした。



この記事のURL | 睡蓮 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
New Wave
- 2007/09/20(Thu) -
IMG_3909.jpg

ニュー ウェーブ(HT)
2000年 寺西菊雄

樹形は直立性で細い枝を伸ばします。
台風後はその細い枝が、倒れて支えが必要になっています。

暑さのせいなのか此花の特徴である花弁の細かなヒラヒラが見えません。
花付はとてもよく次々に咲いています。

これは気に入っているので、残留組です。


この記事のURL | Roses | CM(6) | TB(0) | ▲ top
青花フジバカマとテンダー
- 2007/09/18(Tue) -
IMG_3861_sh01.jpg

IMG_3927_sh01.jpg

青色フジバカマ ユーパトリウム(キク科)
テンダー(HT)

最近の写真ということで、しばらくは やっていこうと思います。
青色フジバカマ、ほかの植物を、駆逐する勢いで広がっています。
いい感じに咲くし、好きなブルーですが、根がすごい。
近くに植えてあるシャジンの中にまで、食い込んでおります。

それと朝露いっぱいのテンダー、いつもの端正な姿ではありませんが咲いています。

今日バラ鉢を4個ほど、その他植物も数鉢、整理しました。
残土がちょっとした小山を作っております。

この記事のURL | 季節の植物 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
Nicole
- 2007/09/17(Mon) -
ニコル(Floribunda)
IMG_3925.jpg

このバラ、もう10年位前から、うちにいます。
バラの好みも変わってくるので、
自分の中では、置いてきぼりにしてしまった感があります。
なぜか調子がいいので、捨てずにはいるのですが。
でも、蕾はかわいいですよね。

植える場所、置く場所には限りがあるんだから、
今の大好きを最優先させて、
すっきり鉢数を減らした方がいいといつも思います。
そのほうが客観的にも、いいに決まっているんですよね。

決断力がないと言うのか、欲張りと言うのか。
すっきりと統一できません。
そのあたりにいつも思いが彷徨っているんですよね。

この花の写真見ながら、考えてしまいました。


この記事のURL | Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
粉粧楼
- 2007/09/15(Sat) -
IMG_3862_sh03.jpg

粉粧楼(China)
これはカメラが壊れる前、12日に撮ったものです。
コンパクトな直立性の樹形で、次々に花をつけます。
肥料が足りないのか、今はこんな小さな花で咲いています。

気温が高いせいなのか、いつもの球形に近いカップ咲きになることもなく、
花弁がそっくり返っています。
他の方の粉鐘楼も今はこんな感じなのでしょうか?

秋には花色も濃くなり、デリケートな花弁をいっぱいに重ねた
魅力的な花をつけます。


この記事のURL | Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
デジタルカメラ その後
- 2007/09/14(Fri) -
何にむけて撮っても抽象画?しか写らなくなったカメラのその後です。
今日メーカーの『お客さん相談室』に電話をしました。
私の理解した範囲では、レンズに写った画を液晶画面に移行する働きをするCCDへの配線が
外れているらしいです。
「こちらで時間を頂き、無料で修理させてください。」
と言うことでした。
この箇所は問題のある場所らしいお話でした。

修理に1週間~2週間の日数でがかかるそうです。

私の管理の悪さ 扱いの乱暴さ 故の故障ではないと言うことが、
はっきりしましたのでまあしょうがないかな!

しかし他にデジカメを持っていないので、写真が取れません。
写真が撮れないということは、ブログの維持ができないということですよね。

ちょっとさびしいかな・・・・・。




この記事のURL | 未分類 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
Abstract?
- 2007/09/12(Wed) -
IMG_3947.jpg

IMG_3948.jpg

IMG_3949.jpg

IMG_3951.jpg


何という斬新な抽象画。
最近 私のARTもさえてまいりました。
これにモダンなカリグラフィーを入れたら、なかなかいいかも!

これって心霊写真?
心霊写真にしたら、やけにあっけらかんとしていますよね。

はたまた、地球外生命体からの信号をキャッチしたのか?


なんてことを言っている場合ではありません。
先程今日のブログ写真を撮ろうと、室内で撮影をしましたら、
こんな物になってしまいました。
なんじゃ こりゃ???

説明書をめくり、『故障かなと思ったら』など
読んでいますが???


この記事のURL | 未分類 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
Spirit of Freedom
- 2007/09/11(Tue) -
スピリット オブ フリーダム(ER)
IMG_3935.jpg

今日も雨でした。
細かい雨が、降ったり、やんだり。
昨日は業者に依頼している庭の消毒の日でしたが、雨で延期になり
又 今日も出来ませんでした。
ご近所みんなで依頼して1年に3回ほどやっています。
台風の後の消毒だったので、好都合だと思っていましたが、
こんな天気ではいつになるのかわかりません。
なるべく早くできるといいな。
暑さで黒点病もなりを潜めていましたが、
涼しくなって下葉のほうから少し出てきています。


雨にぬれたバラ、優しい色できれいでした。


この記事のURL | Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Abraham Darby
- 2007/09/10(Mon) -
アブラハム ダービー(ER)
IMG_3914.jpg

IMG_3928_sh01.jpg

IMG_3932.jpg


ERの中で、1番最初に買ったバラです。
庭の中ほどに植えて、たくましく大きく育ちました。
しかしシュートが出ずに、1本だけ無骨な幹になり
しかも花は、2m以上のところだけに咲くのです。
ツル状に育つのに、庭の中ほどに植えたのが
悪かったのですが、じゃまになるし、
そばを通るたびにとげが引っかかり痛いので、抜いてしまいました。

しかし そこはしっかり者の私、挿し木で確保しておきました。
これはは挿し木苗の花です。
挿し木苗だともうちょっとたおやかな感じに育つってことはないでしょうか?

花の色は、微妙に変化します。
春はもうちょっと淡い色のような気がします。

今度は、失敗しないようにしなくては!



この記事のURL | Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Spirit of Freedom
- 2007/09/08(Sat) -
IMG_3881_sh01.jpg

スピリット オブ フリーダム(ER)
花弁が少し痛んでいますが、いつものボリュームで咲いています。

台風の去った後、又暑さが又戻ってきました。
バラの痛んだ枝先をカットしたり、
伸びてきて邪魔になるつるバラを、剪定したり,
蚊と戦いながら、今日は庭仕事をやりました。
HTのつるバラはこの時期長い枝をにょきにょき大きく広げ、
見苦しいのですよね。
そこで大木になったコンパッションをのこぎりで、
根元から切りました。
前から気になっていたので、GOOD JOBでした。

風で乱れてしまった庭を見ていると、
急にこの鉢植え植物の多さが気になり始めました。
これに加えてクリスマスローズも、今から定位置に戻さなくてはいけないんだから。

厳選せねば。

本気で厳選せねば。



この記事のURL | Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
真珠貝
- 2007/09/06(Thu) -
IMG_3903_sh01.jpg

真珠貝(FL)
今朝はこんな風でしたが、今はどうでしょう?
無残な姿になっていそうです。
夕方あたりから台風9号の影響で、断続的に雨や風がひどくなっています。
特別心配もしていなかったのですが、
「大丈夫?」
などと電話が、あったりすると、ちょっと心配になってきて、
一応懐中電灯を探しておきました。

近くの森に吹き荒れる風の音が、不気味です。



この記事のURL | Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Haburanthus robustus
- 2007/09/05(Wed) -
ハブランサス ロブスタス(ヒガンバナ科)
IMG_3886.jpg

6月頃に、球根を購入。
その後、葉は出てきたものの咲く気配はないので、
まだ球根が充実していないのかな、と思っていました。
それが今日、突然花が咲いていました。

雨の後 花が咲くので、レインリリーという別名もあるそうです。
そういえば昨日も今日も雨でした。

『アルゼンチンのブエノスアイレス付近の大草原パンパで自生している。』
ということです。
これ、受け売りですが。

此花が咲いている遠い国に思いを馳せると、なんだか気分がいいですね。

ブエノスアイレスの大草原パンパですぞ!



この記事のURL | 季節の植物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
White Grootendorst
- 2007/09/04(Tue) -
ホワイト グルーテンドルスト (ハイブリットルゴサ)
IMG_3735_sh01.jpg

ハマナスの交雑種です。
たくさん蕾をつけて、返り咲きしています。
この時期咲くとすぐに痛んで、茶色になってしまいます。

花弁に切れ込みがあり、カーネーションのような花が咲きます。
ライトグリーンの葉にさわやかな白い花です。

この記事のURL | Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Fair bianca
- 2007/09/03(Mon) -
フェアービアンカ(イングリッシュローズ)
IMG_3869.jpg

コバノランタナ(クマツヅラ科)
IMG_3870.jpg

IMG_3872_sh01.jpg


フェアービアンカ 
大きくならず、60センチぐらいの背丈で咲いています。
ややうどん粉病に弱い、しかし黒点には強い感じです。
白バラが好きなので、お気に入りです。

その下ではコバノランタナが枝を広げて小さな花をつけ始めました。
平凡で、どこにもある花ですが、こちらも優しい感じでお気に入り。



この記事のURL | Roses | CM(4) | TB(0) | ▲ top
Greensleeves
- 2007/09/01(Sat) -
グリーンスリーブス(フロリバンダ)
IMG_3865.jpg

最初は淡いピンクで次第にグリーンに変わります。
房咲きですから、ピンクの花とグリーンの花が同時にブーケのように咲いている時が、
此花の1番きれいな時かもしれません。

そんな時期を過ぎて今はグリーン1色です。

徒長気味になること、黒点病になりやすいことがちょっと難点です。


この記事のURL | Roses | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。