スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
プリンセス オブ ウエールズ
- 2007/11/29(Thu) -
今朝 庭の通路の真ん中に,こんなものが落ちていました。
IMG_4470_sh01.jpg

        裏側はこんな感じ
        IMG_4469_sh01.jpg

                ひっくり返すとこんなです。
                IMG_4468_sh01.jpg

ご近所にも柿の木は見当たりません。
誰かが投げ込んだなんて事もありえない、
我家の庭は、道路に面しているわけではなく、
かっこよく言えば「秘密の花園」、普通に言えば裏庭です。

こんな歯形の人間もいるわけはなく、
カラスが落としていったのに違いない。
落し物を拾いに来るかもしれないので、しばらく放置です。

これが今日のニュースになるほど、何事もない生活、
これでいいのか!
と思いつつ書いております。



プリンセス オブ ウエールズ
Princess of Wales (floribunda)
Bred in United Kingdom (1997) by Harkness
IMG_4471_sh01.jpg

ダイアナ妃にささげられたバラ
苗木の売上を英国肺病基金に寄付することを条件に
「プリンセス・オブ・ウェールズ」の品種名を付ける事を許可されたという事です。


スポンサーサイト
この記事のURL | Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
シルホサ系フレックレス
- 2007/11/28(Wed) -
IMG_4446_sh01.jpg

IMG_4449.jpg

             IMG_4450_sh01.jpg

高い位置で咲くようにしないと、内側のピンクは見えません。
下を向いて咲いていますので。
外側が白で内側がピンク、クリスマスローズだったら、
『バイカラーだ』と言って
喜びそうな色です。

冬咲きクレマチス 
花の少なくなるこの時期を楽しませてくれる貴重な花です。




この記事のURL | 季節の植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
アッ あんなところに!
- 2007/11/27(Tue) -
クレマチスが不恰好ですが、咲いていました。
IMG_4458_sh01.jpg

              そしてあちこちにオキザリスが、可憐な白い花を咲かせています。
              IMG_4460_sh01.jpg

クローバー(トリフォリューム)だって、なかなかステキです。
IMG_4461.jpg


といった具合に、外に出ると何か見つかるものですね。
今日庭植えのクリスマスローズの葉きりをして、
黄色に変色したフォスタを取り除いたら、
すっかり冬らしい庭になりました。


この記事のURL | 季節の植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
クリスマスローズの苗
- 2007/11/26(Mon) -
吉田交配苗3種類
IMG_4427_sh01.jpg

IMG_4429_sh01.jpg

IMG_4432_sh01.jpg


高杉種苗の苗
IMG_4433_sh01.jpg


KZコレクション
IMG_4435_sh01.jpg


ビーナス交配
IMG_4439_sh01.jpg


大森プランツ
IMG_4440.jpg


カネコ種苗
IMG_4437_sh01.jpg


開花の待ち遠しい苗たちです。
KZコレクションで購入の株だけ開花確認株です。
このほかに、今年2月にサンシャインで購入の横山園芸の株が数個あります。
どこに行ったやら?
コレは今季咲くかも。
探さなくちゃ!

この中でこの冬から春にかけて咲きそうなのは4分の1くらいかな?
葉を眺めて、どんなのが咲くか想像して楽しんでいます。


他に花を確認できている物が、
数えるのも面倒なくらい並んでいます。
特別高価なものはないので、珍しい物はないんですけどね。


この記事のURL | Hellebores | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ラプソディ イン ブルー
- 2007/11/26(Mon) -
                IMG_4416_sh01.jpg
         
       IMG_4401_sh01.jpg

IMG_4393.jpg

Rhapsody in Blue
Bred in United Kingdom (1999) by Frank R. Cowlishaw.

バラも最後になりそうです。

我家の庭はさみしい季節に突入し、
あとは1月頃からボチボチ咲くだろうクリスマスローズを待つ状態です。

原種のチュリップ、ムスカリ、オーニソガラム、スカシユリ
などの球根を植えました。





この記事のURL | Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ホワイト グルーテン ドルスト
- 2007/11/22(Thu) -
IMG_4421_sh01.jpg

             IMG_4423_sh01.jpg

White Grootendorst
ホワイト・グルーテン・ドルスト
(Hybrid rugosa)
Pink Grootendorstの枝変わり
Eddy,P アメリカ 1962

寒さに強いらしくきれいな葉を広げて、咲きはじめました。
カーネーションのようなぎざぎざの花弁が特徴です。
小さな花ですが、そこがまたかわいいのです。

春のようにたくさん咲くわけではありませんが、
こんな風に緑の中で、ちょっとだけ咲いてる姿が好きです。

決して 負け惜しみではありませんから。(笑)

この記事のURL | Roses | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ブリリアント ピンク アイスバーグ
- 2007/11/21(Wed) -
IMG_4398_sh01.jpg

Brilliant Pink Iceberg 
フロリバンダ
アイスバーグの突然変異から生まれた品種

気温のせいで、ピンクが濃く出ています。
突然花が出ていますが、枝のところは写せません。
葉っぱが落ちてしまって、ないんですから。(笑)

寒くなりましたので、ストレプトカーパスを部屋に取り込みました。
それとバラの植え替えもちょっとだけ。
白い根がたくさん出ていてまあまあの状態でしたが、
詰まっているほどでもないので、毎年はやらなくてもよさそうです。
日あたりがよくないので、成長もしないんですね。

寒いので嬉しいような、嬉しくないような。


追記
TITANさんよりコメントをいただきましたので、付け加えます。

Icebergの突然変異がPink Iceberg 
Pink Icebergの突然変異がBrilliant Pink Iceberg という事です。
いつもありがとうございます!



この記事のURL | Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ティナとフランネルフラワー
- 2007/11/20(Tue) -
IMG_4403_sh01.jpg

とうとう熱帯睡蓮のティナは、この状態までで
これ以上は花を開かなくなりました。
夕方にはまた堅く花を閉じています。

今年の暑かった夏から毎日咲いてくれた睡蓮、ご苦労様でした。

        
           IMG_4395.jpg

           フランネルフラワーもちょっと涼しくなった頃より
           ずーと同じように咲いています。
           時が止まったみたいです。


この記事のURL | 季節の植物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ハート型アイビー
- 2007/11/19(Mon) -
いつも忘れ去られていますが、こんなものもあります。
IMG_4407_sh01.jpg

ちょと少女趣味だなぁーとは思っています。
IMG_4410_sh02.jpg


寄せ植えに使ったアイビーがきれいに伸びていて、
捨てるのがかわいそうで、グルグルって巻いて出来上がったものです。

他に何か撮るものがあったら日の目を見ることもなかったでしょう。

写真を撮ることもなかったので、
かわいそうにと親心、
今日はアイビーが主役となりました。


この記事のURL | 季節の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今朝の風景
- 2007/11/18(Sun) -
IMG_4384_sh01.jpg

IMG_4391.jpg

IMG_4388_sh01.jpg

パンジー2種類
ブルーは主人の選んだ物
かごの方は私の選んだ物。

私のほうは選ぶのを失敗してしまったようです。
ううーん! こんなはずじゃあなかった。
グレーの花びらがなかなかいいと思ったんですけど。
写真ではグレーには見えませんが。

クレマチス白万重が咲いています。


寒くなりましたよね。
早起きして庭を見て歩くのが楽しみだったのに、
最近は暖かくなるまで、外に出なくなってしまいました。

月曜日からかんばるぞ!
と毎週お決まりの、決意です。




この記事のURL | 季節の植物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
サフランその後
- 2007/11/14(Wed) -
IMG_4378_sh01.jpg

アヤメ科 サフラン属
和名 サフラン
学名:Crocus sativus
南ヨーロッパ、小アジア原産。

満開になった今朝のサフランです。

森鴎外にサフランという題の作品があります。
インターネットの電子図書館で見つけました。

後半は、結構面白いです。

Koeh-194.jpg


ついでに、サフランのボタニカルアートも見つけました。


この記事のURL | 季節の植物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ソフィーズ パーペチュアル
- 2007/11/13(Tue) -
IMG_4332_sh01.jpg

IMG_4333.jpg


ソフィーズ パーペチュアル Sophie's Perpetual
China シュラブ  四季咲き

外側は濃い目のピンク、 内側に向かって淡いピンク色に変化しています。
そのグラデーションが、とても優しげで美しい花です。
(この写真では、そのあたりうまく写っていませんが)
そして繰り返し咲きつづける楽しみなバラ。

難をいえば横張りの樹形です。
これは私の剪定の悪さなのかもしれませんが、
メチャメチャの方向に伸びていきます。
我が家の庭は狭いので、すんなり上方向に伸びて欲しいのに。

その特性を生かせる置き場所を探すことにします。





この記事のURL | Roses | CM(1) | TB(0) | ▲ top
サフラン
- 2007/11/12(Mon) -
今朝、まだ日の当たらない頃に
IMG_4362.jpg

朝日にあたり、花を開き始めた頃に
IMG_4365_sh01.jpg


アヤメ科 サフラン属
和名 サフラン
学名:Crocus sativus
南ヨーロッパ、小アジア原産。

フランスのブイヤベースやスペインのパエリアには欠かせないサフランです。

買うと、とっても高額なので育てててみたらどうか、
という考えで 育ててみることに。 (笑)
赤い雄しべの部分を乾燥して使うようですが、
この量ではとうてい無理ですね。

しかしこんな植物なんだと解っただけでもよかった。
9月頃に球根を植えつけました。


    *     *     *

サフランは旧約聖書の中で「芳香を放つハーブ」
として記されています。
 
古代インドではサフランから染料が作られ、ブッダの死後まもなく仏僧は職服をサフラン色に染め上げました。
 
古代ギリシャやローマ時代ではサフランは香水として重宝されていました。 




調べてみたらこんなことが書かれていました。
旧約聖書の時代から珍重されたサフラン

そう思って見ると、なにやらゆかしい花に見えました。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
- 2007/11/11(Sun) -
IMG_4343_sh02.jpg

IMG_4342_sh01.jpg


庭の端っこで、元気に咲いている菊です。
菊はどこにでもあって、どこにでもありすぎて、
省みられない感もありますが、なつかしい花ですよね。

この写真の菊もっと黄緑色だと思ったのですが、
ずいぶん黄色が濃くなってしまいました。


    *     *     *


週末はいつも思います。

『来週こそは運動してもっと健康的に過ごすぞ ! 』 と。
『来週こそはもっと頑張るぞ ! 』 と。


この記事のURL | 季節の植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
フランシス デュブリュイ
- 2007/11/10(Sat) -
IMG_4331_sh01.jpg

IMG_4337_sh01.jpg


フランシス デュブリュイ / Francis Deubreuil
1894年 フランス Tea 強香

フランシス メイアンの祖父が作出し、自分の名前をつけました。
自分の名前を付けるとは、きっと自信作だったに違いありません。

花は中輪のカップ咲き、大人っぽい黒味を帯びた深い赤、そして豊な香り
魅力的な要素をたくさん持っています。

四季咲き性も強く、
秋には特に黒が深くなり、ドキッとさせられます。

 
     *     *     *

今日は立冬を過ぎた時期にふさわしく、まったく寒い1日でした。

しかし その寒さにもめげず大規模園芸農家へ出かけ、
ご主人に色々教えていただいたりして
楽しい時間を過ごすことが出来ました。



この記事のURL | Roses | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ラプソディ イン ブルー
- 2007/11/09(Fri) -
IMG_4122_sh01.jpg

IMG_4129.jpg


モダンシュラブ
直立性の樹形で、思い出したように時々咲きます。
病気で、葉っぱもよく落としますが、再生能力も旺盛らしく、
すぐによみがえります。
ブルーのバラということで知られています。
ブルーといっても、バラのブルーは他で言うブルーとは
果てしなく違いますよね。

此花は咲き進むとグレーを含んだ紫色になり
黄色のシベとの対比が、美しい花になります。

IMG_2346.jpg


花の中心が白く抜けたところまたいいですよね。


この記事のURL | Roses | CM(0) | TB(0) | ▲ top
熱帯睡蓮
- 2007/11/08(Thu) -
IMG_4315_sh02.jpg

IMG_4316_sh03.jpg

熱帯睡蓮ティナとオーガストコーチです。
今日は立冬ですがまだまだ、咲き続けています。
さすがに新しい葉は展開せずに、根元で丸まったままになっていますが。


     *     *     *

先週「美の巨人達」で、ジョージア・オキーフを見ました。
ジョージア・オキーフ Georgia O'Keeffe ( 1887年 - 1986年)は
20世紀のアメリカの女性画家です。
大胆に切り取った構図の花の作品が多くあります。

 「リアリズムほどリアルでないものはない。・・・・
  選択、除去および強調によってのみ、
  我々は物事の真のリアルな意味に到達できるのだ」
彼女の言葉です。

といった訳で、今日は写真を大胆に切り取ってみました。(笑)

無理やりこじつけてしまいましたが、同じ花の写真ばかりなのでで、
ただ「これが咲きました」だけでは、面白くないなーと
苦心しての結果です。(笑)

お付き合いくださってありがとうございます。




この記事のURL | 睡蓮 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
今日の作業
- 2007/11/07(Wed) -
今日は暖かい園芸日和、午後から庭でのんびり楽しい時間を過ごしました。

IMG_4307_sh01.jpg ブルーと白のルピナスを植えて


IMG_4308_sh01.jpg 背丈の低いレースフラワー オルラヤを植えて


IMG_4309.jpgティアレアを2種類植えて、この葉っぱは、なかなかきれい!


IMG_4310.jpg ヒューケラをたくさん植えて

IMG_4311_sh01.jpg


IMG_4312_sh01.jpg ジキタリスの白(スポット無し)を5本植えて


IMG_4314.jpg プリムローズも3種類株分け植え返して

IMG_4313.jpg


庭植えしていた斑入り月桃を鉢植えにして、部屋に入れました。
IMG_4327.jpg


気になっていた仕事を終えてすっきりしました。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
今日の花
- 2007/11/06(Tue) -
IMG_4298.jpg

IMG_4302_sh01.jpg

赤いばらとコバノランタナ

淡い色のバラがいいと思いつつ、咲いてみるとこんな赤も
捨てがたい。
引き締まった秋の空気のなかで、魅力的な色です。



この記事のURL | Roses | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ストレプトカーパス
- 2007/11/05(Mon) -
IMG_4290.jpg

IMG_4294.jpg

IMG_4241.jpg

IMG_4292.jpg

IMG_4291.jpg


ストレプトカーパス
イワタバコ科
学名  Streptocarpus spp.
原産地 南アフリカ マダガスカル 熱帯・亜熱帯アジア

夏の間にすっかり弱って、だめになりそうな物もありますが、
一応全部咲きそろいました。
(グレーに近いブルーは消えてしまいましたが)

日に当てると葉っぱが痛むし、日に当てないと花がつかなくなり
ねもとが痛んでくるし、なかなか気難しい植物です。
我家では。


     *      *      *     *

先日台風の日に飛び込んできて、行方不明のヤモリ
昨日見つけました。

夫がホットカーペットをひこうと床掃除中に
すっかり弱って出てきたそうです。
とても情けない顔をして。
そっと庭に移してやったもよう。

私は自治会清掃活動のため外出中(言い訳がましいですが)
で見ておりません。よかった!


ということで、干からびたヤモリに遭遇することもなく、
一件落着!



この記事のURL | 季節の植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
園芸実験
- 2007/11/04(Sun) -
IMG_4269.jpg

切りバラのミミ エデンを購入  

ミミ エデン  Mimi Eden     
系 統 F フロリパンダ
作出年  2000年  
作出国 フランス
作出者 Mailland

葉っぱの部分がいくらか残っていたので、
挿し木にしました。
発根が見えるように、ペットボトルに赤玉を入れて挿す。

IMG_4276.jpg

挿し木にして2週間ぐらい葉の付け根から、新しい小さな葉が出てきています。
根が動き始めているとはまだ思えませんが。
上の花瓶に生けたバラは今もこんな感じで、まだ観賞に耐える状態です。
(同じ日に撮影)
はなもちのいいバラばらです。

春のバラの季節に、挿し木苗から開花しましたという記事が、載せられると嬉しいですけど、
どうかな?




IMG_4239.jpg

ラナンキュラスの早期開花実験

はじめから間違えた処置をしたので、うまくいく可能性は薄い!

(湿ったパーライトに球根を埋めて、野菜室に入れるべきところ、
網の袋のまま野菜室に入れて、ぱりぱりの球根にしてしまいました。
その後気がついて、きちんと埋めましたけれど。)

それでも芽が出たので、一応撮影。
小さい花でいいから。お願い 咲いて!

これはどちらもいつもお世話になっている園芸およびブログの先輩の方の方法を参考にさせていただきました。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
チーズブレッド
- 2007/11/03(Sat) -
IMG_4281.jpg

昨日(11月2日金曜日)にようすけさんが我家で、パンを作ってくれました。
パン教室に通っているので、本格的です。
IMG_4284.jpg

やわらかくてしかも香ばしい、ほんとに美味しいパンが、手際よく出来上がりました。
私はハーブ入りトマトスープとサラダを作り、みんなで遅めのランチにしました。

「ありがとうございました。ようすけさん!」


この記事のURL | Cooking | CM(6) | TB(0) | ▲ top
今日の庭
- 2007/11/03(Sat) -
IMG_4236_sh01.jpg

トリカブト キンポウゲ科 トリカブト属 Aconitum
寒さが進むごとに、深いブルーが冴えわたっております。

IMG_4244_sh02.jpg

ホトトギス(ユリ科)Tricyrtis hirta
日陰のコナー、此花だけは何もせずともたくましく広がっています。
もう盛りを過ぎてしまいました。

IMG_4253.jpg

パフ ビューティ Buff Beauty (Hybrid Musk)
1939 William Allen Richardson×実生
こんな感じの色 大好き!
花の形も。

IMG_4257_sh01.jpg

スノーグース(ER)
このブログと同じで、ひっそりしています。(笑)

IMG_4256.jpg

フランネルフラワー(セリ科)
花持ちがいいといいますか、フリーズしてます。

皆さんのところでは、もう暖房を入れていますか?
我家、寒いです。




この記事のURL | 季節の植物 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
Pascali
- 2007/11/01(Thu) -
IMG_4246.jpg

IMG_4248.jpg

Bred in Belgium (1963) by Lens.
Queen Elizabeth ×White Butterfly

調子のよいバラが少ないので、今回も、毎度おなじみのパスカリです。
今、剣弁高芯咲きのバラは、人気がない感じですがこの白バラは
我家で健在です。





この記事のURL | Roses | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。