スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ブレダン Bredon
- 2008/05/30(Fri) -
            IMG_6409.jpg

IMG_6450.jpg

ブレダン Bredon (ER)
ワイフ・オブ・バス×リリアン・オースチン

ティーローズのソンブロイユ↓に似た感じの
平たいロゼットで中輪の花が房になって咲きます。
香りもフルーツ香でいい感じです。



           


           IMG_6194_sh01.jpg

           ティーローズのソンブロイユ
           こちらも平たいロゼット、ブレダンより花は少し大きいかな~。  
           蔓を伸ばしてたくさん花をつけてくれました。
           今はもう散ってしまいましたが。
           



            
スポンサーサイト
この記事のURL | Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
フェア・ビアンカ Fair Bianca
- 2008/05/30(Fri) -
IMG_6403.jpg

IMG_6448.jpg

フェア・ビアンカ Fair Bianca   ER
作出 1982年 デビッド・オースチン(イギリス )

ERのなかで白は数が少ないように思います。
このフェア・ビアンカは最近作出されたERに比べると
丈夫さでは劣っていると思います。

しかしこの花色、質感 とてもいいと思うのです。



この記事のURL | Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
スノーグース Snow Goose 
- 2008/05/29(Thu) -
IMG_6139_sh01.jpg

            I<br />MG_6140.jpg

Snow Goose 1996年 ER

今日は雨
一季咲きのバラもそろそろ終盤、
自分の中のお祭気分も終わって、じっくりそれぞれの手入をしなければと思っています。

このERのスノーグースは4季咲き、
花が終わったら丁寧に剪定すると、次の花茎が上がり始めます。




この記事のURL | Roses | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ガリガ1種とケンティフォリア2種
- 2008/05/28(Wed) -
IMG_6222_sh01.jpg

IMG_6189.jpg

シャルル ドゥ ミル  Charles de Mills
作出国:不詳
作出年:16世紀以前
作出者:不詳
系統:ガリガ
別名:なし
樹高:1,5m程度
花期:春一季咲き
花色:濃紅紫
大きさ・花型:大輪・クオーター
特性:鉢・庭植え向き
                 
オールドローズの中でも大きく華やかな花の一つで、芳醇な香りが人々を魅了します。
パリのライばら園で発見された事意外は全くわかっていません。

という説明あり。

我家では朝日の当たるいい場所に植えましたので、
3年目で枝を広げてきました。
花付もよくそのあでやかさで周囲を圧倒しています。




IMG_6467_sh01.jpg

IMG_6369.jpg

ジュノー Juno
作出年:1832年以前
作出国:不詳
作出者:不詳
系統:ケンティフォリア
別名:特になし 
樹高:1.5m程度
花期:春一季咲き
花色:パールピンク
大きさ・花型:大輪・八重咲き
栽培適所:庭・鉢
          
花が大きいわりに枝が細いので垂れぎみに咲きます。
パールピンクの上品な花と濃厚な甘い香りが魅力です。

という説明あり。

ミルの隣に植えてあります。
こちらはなかなかいい花の時がありません。
雨に当たると枝は限りなくしなだれるし、その後あちこちに向いて咲き始めるし、
うどん粉病には弱いし、困り者です。





IMG_6193_sh01.jpg

ホワイト プロバンス White Provence
作出国:イギリス
作出者:Grimwood
作出年:1778年
系統:ケンティフォリア
別名:ユニーク・ブラッシュ
    ロサ・ケンティフォリア・アルバ
樹高:1.5m程度
花期:一季咲き
花色:ホワイト
大きさ・花型:クォーター咲き

お気に入りです。
調子がイマイチでしたが、地植えで何とか回復中です。            






この記事のURL | Roses | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ラプソディ・イン・ブルー とマジェンダ・クォーツ
- 2008/05/27(Tue) -
IMG_6146_sh01.jpg

               IMG_6143_sh01.jpg

ラプソディ・イン・ブルー RHAPSODY IN BLUE
2003年のRose of the Year受賞のフロリバンダローズ
Cowlishaw・2003年作出
樹高:100~150cm
樹形:直立性
花形:中輪半八重、クラスター咲き
花弁:5~10枚
香り:微香(甘いスパイス香)

私のブログでは毎度おなじみのラプソディ・イン・ブルー、
ガーシュインの曲でも聴きながら眺めたい♪~
と思うまもなく葉っぱを落としてしまい丸裸になってしまいました。
いつものことです。
でもすぐに新しい葉を展開させ花をつけます。
そんな訳でいつまでたっても我家では大きな株になりません。





IMG_6152_sh01.jpg

               IMG_6155_sh01.jpg

マジェンダ・クォーツ
フロリバンダ、マジェンダの枝変わりで四季咲き品種。
グレーをおびたピンク色 花付はとてもいいです。
なるほどこれがマジェンダ・クォーツか!
と今観察中です。





この記事のURL | Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
アルバ2種
- 2008/05/27(Tue) -
IMG_6317.jpg

フェリシテェ パルマンテェ Felicite Parmentier
作出年:1828年
作出国:不詳
作出者:不詳
系統:アルバ
樹高:1m程度
花期:春一季咲き
花色:白地に中心ソフトピンク
大きさ・花型:中輪・カップ咲き

シュートの出が非常に良く、やせた土地を他のバラよりも嫌いますので
肥料は一季咲きですが定期的に与えましょう。

という説明あり。

施肥に勤めましょう。
忘れなければいいけど。




IMG_6256_sh01.jpg


                 IMG_6233_sh01.jpg

セレスティアル Celestial
古い品種で、原種は不明
樹高:高さ180cm、横幅120cm

直立性の木ですが、伸びすぎることもなく、どんな庭にも植えられます。
やせた土地や半日陰でも育つ、生育力旺盛な品種です。
大きくなる品種ですので、強めの剪定を行います。
12月頃に新しいシュートの3分の1を切り詰め、細い枝や古い枝は元から切り取ります。
思い切って樹高を低くする剪定を行うと翌年たくさんのシュートが出ます。

という説明あり。

このバラのよさを認識しないままとんでもない隅っこに植えてしまいました。
だから花は数えるほどです。
でもこの花と葉の美しさを見て「救済せねば!」
と瞬時に思いました。
しかしどこに移動するべきか?
頭が痛いです。



ルドゥーテの本よりCelestial
IMG_6383.jpg



この記事のURL | Roses | CM(4) | TB(0) | ▲ top
フランソワ ジュランビルのアーチ
- 2008/05/26(Mon) -
IMG_6456_sh01.jpg

入り口正面からフランソワ ジュランビルを誘引したアーチです。
手前はフェンスに沿わせているフェリシテ・ペルペチュ.


IMG_6451_sh01.jpg アーチの裏側



IMG_6459_sh01.jpg フェリシテ・ペルペチュ

IMG_6454_sh01.jpg フランソワ ジュランビル


フランソワ ジュランビル Francois Juranville
作出国:フランス
作出年:1906年
作出者:Barbier
系統:ランブラー
樹高:5m程度
花期:一季咲き
花色:コーラルピンク

フェリシテ・ペルペチュ. Felicite Perpetue.
作出国:フランス
作出年:1827年
系統:ランブラー
樹高:4m程度
花期:一季咲き

どちらも1季咲きで今が見ごろかな。
ここは道路に面した場所ではないので、
私だけの贅沢、ひっそりと楽しんでいます。



この記事のURL | Roses | CM(0) | TB(0) | ▲ top
フローランス ドゥ ラトール  Florence Delattle
- 2008/05/25(Sun) -
IMG_6296.jpg

            IMG_6297.jpg

IMG_6298_sh02.jpg

フローランス ドゥ ラトール Florence Delattle
Generosa(ギヨローズ)
花径:7~8cm
樹高: 1.2m 幅: 1.2m
咲き方:四季咲き
芳香の強さ: 中香

グレイッシュラベンダー色。幻惑的な色彩のジェネロサです。
ふんわりとしたロゼット咲きの美麗花で、やさしい香りが漂います。
平均的に見ても、一枝に4~7輪ほど蕾をつけます。グレイッシュグリーンの葉。  
Generosa(ギヨローズ)
1829年創業のフランス・リヨンの名門バラ育種会社。
ハイブリッドティ『ラ フランス(1867)』やポリアンサ『パケレット(1875)』を作出。
ハイブリダイザー(系統改良家)として世界の注目を一身に集める。 
 

こんな説明書きを読んで秋に注文しようかなと思っていたバラです。
その後名前もすっかり忘れていました。
国際バラとガーデニングショーで一目で此花が気に入り買ってきて調べてみたら、
注文しようかなーと迷っていたバラではありませんか。
やっぱり縁があったのでしょう。

そんなこんなで、
今 我が家の庭でこの幻惑的な色彩のジェネロサが咲き誇っています。




この記事のURL | Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ダマスク 3種
- 2008/05/24(Sat) -
IMG_6376.jpg

                IMG_6227.jpg

マダム アルディー Mme Hardy
作出国:フランス
作出年:1832年
作出者:アルディ
系統:ダマスク
樹高:2m程度
花期:春一季咲き
花色:ホワイト
大きさ・花型:中輪・クオーター咲き

完璧に美しいバラです。
マルメゾン宮殿の庭師だったアルディが妻に捧げたバラということです。
地植にして2年目、順調に育っています。





IMG_6314.jpg

               IMG_6394.jpg

レダ Leda
作出国:不詳
作出年:1827年以前
作出者:不詳
系統:ダマスク
別名:ペインテッド・ダマスク
樹高:2m程度
花期:一季咲き
花色:白地にピンクのぼかし
大きさ・花型:中輪・ロゼット咲き

1枚目はピンクのぼかしがはっきりしませんが
2枚目はバッチリです。
レダってほんとにかわいいです。
今年が我家での初開花、想像以上でした。





IMG_6330.jpg

                IMG_6312.jpg

マリー ルイーズ  Marie Louise
作出国:フランス
作出年:1813年以前
作出者:不詳
系統:ダマスク
樹高:2m程度
花期:一季咲き
花色:ピンク
大きさ・花型:中輪・カップ咲き
(肥料の効き具合で花びらの数が増減する。)

そうなんだ。
来年は施肥に勤めることにします。

香料用に栽培されたダマスク ローズをもとに育成された系統故に
どれもいい香りです。






この記事のURL | Roses | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ロサ・ガリカ・オフィキナリス Rosa gallica officinaris
- 2008/05/23(Fri) -
IMG_6356.jpg

                  IMG_6358.jpg

ロサ・ガリカ・オフィキナリス Rosa gallica officinari
系統 Gallica/Species
起源 1400年以前から薬用として利用 されていた。
4~8cmの濃いピンクの八重咲き
香り スパイシーな芳香
樹高 120×90



IMG_6354.jpg

                 IMG_6355.jpg

ロサ・ムンディ  Rosa Mundi
別名  Versicolor
系統 Gallica
起源 12世紀
8~10㎝ 半八重 淡いピンクと濃いピンクの絞り模様
香り スパイシーな強香
花期 春の一季咲き
樹高 90×90 コンパクトな樹勢

ロサ オフィキナリスとその枝代わりのロサ・ムンディです。
どちらもうどん粉病に弱く葉は痛んでいますが、花付はとてもいいです。

バラの画家 ルドゥーテの本の中でのオフィキナリス
『ウィキペディア』にリンクしました。


IMG_6386.jpg


ナポレオン1世の妻ジョゼフィーヌのマルメゾン宮殿にもこのバラが咲いていたんですね。
そして今 我がおんぼろ庭にも・・・・・・。


この記事のURL | Roses | CM(4) | TB(0) | ▲ top
自宅でお茶を!
- 2008/05/22(Thu) -
IMG_6273.jpg

いつも飲むお茶ですが今日はちょっと頑張っています。
 
 IMG_6268_sh01.jpg
  IMG_6269_sh01.jpg

イギリス風のきゅうりだけのサンドイッチと
ふわふわチーズムース、ブルベリージャムをかけて食べます。
お友達にもらったレシピなのですがこれがなかなかいけます。


IMG_6271.jpg

ブラウニーとチーズのクッキー
       
        
        IMG_6275.jpg

        スコーンもなかなか美味、見た目はイマイチですが。

               IMG_6279.jpg

        クッキーは2種類 ポツポツのほうはレモンクッキーです。

        
        IMG_6287.jpg

        庭の花で気分も華やぎます。
        
        遅寝早起きの私はクッキー作りの途中で睡魔に襲われましたが、
        お客さんが頑張ってくれました。
        自宅にある材料でも工夫してちょっと頑張れば
        美味しく楽しい時間が持てますね。
        又近いうちにやりましょう。
        
        ありがとう!



この記事のURL | Cooking | CM(10) | TB(0) | ▲ top
ジキタリス
- 2008/05/21(Wed) -
IMG_6208_sh01.jpg

2箇所に植えたジキタリスが咲いています。
今年は風で倒れることもなくすっきりと伸びています。
                        
                    IMG_6210_sh01.jpg

                    こちらハクロバナフウロが伸び放題
                    ゆらゆらしながらジキタリスにまとわり付いています。


IMG_6216.jpg クレマチス名前はなんだったかなー?
 誘引がうまく出来ていないので混乱状態です。


          
          IMG_6062_sh01.jpg

          ゲラニュームの白   
          ふわふわと伸びていい感じです。


          IMG_6178.jpg

          IMG_6076.jpg

          シシリンチューム カリフォルニアスカイ
          昨年高芽ざしに成功してたくさん増えました。
          小さくてとっても可愛い花です。
          いつもこの花の前で座り込みしばらく眺めています。
          夕方は花を閉じて次の日太陽に刺激されたように又開きます。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バラの名前
- 2008/05/20(Tue) -
IMG_6058.jpg

お友達がオープンガーデンをすることになり、
お客様へのちょっとしたプレゼントにバラの名前を書いた栞を作ることになりました。
この書体はラウンドハンドといわれるものです。
私のカリグラフィーとの出会いはこのようなクラッシクな文字でしたが、
今はモダンカリグラフィーをやっていますからこのクラッシクな書体をを使うことはまずありません。
もう何年も書いたことのない文字ですが、注文は この文字で!ということなので、
ぶっつけ本番やってみました。
筆圧でラインの太さを創るので、いつも書いていなければうまく出来るわけはないのです。



IMG_6167.jpg

切り分けてリボンをつけて、何とか出来上がり。

IMG_6174.jpg

お友達の庭のバラはオールドがほとんどなので名前もそのようになっています。


あまたある美しい花を咲かせる植物の中の一つでしかないバラに、
そしてなかなかうまく育てることが出来ないバラに、
執着してしまうのはなぜでしょう?
 
たくさんの名前を書きながらそんなことを考えました。



この記事のURL | Calligraphy | CM(6) | TB(0) | ▲ top
バロン ジロー ドゥ ラン Baron Girod de l'Ain
- 2008/05/19(Mon) -
IMG_6102_sh01.jpg

枝が太くなり誘引が難しくアーチは乱れ気味です!

           IMG_5867.jpg

バロン ジロー ドゥ ラン Baron Girod de l'Ain
作出年:1897年 作出国:フランス
作出者:Reverchon
系統:ハイブリッドパーペチュアル
樹高:3m程度
花期:一咲き(返り咲きあり)
花色:紅に白い覆輪が入る
大きさ・花型:大輪・カップ咲き
(あまり西日の当たらない所)
         
日曜日NHK俳句の時間に入選作品として次の句が発表されていました。

      バラ生けて
        バラ星雲の
           中におり
 
(私の記憶が間違っていなければ)

バラを活けた小さな空間がそのバラのマジックで宇宙にも広がる雄大な句だと
朝食用意しながら聞いていました。
バラ星雲が存在することすら知らなかったので、ちょっと探してみました。
リンクしてありますので興味のある方はどうぞ
ばら星雲 - Wikipedia

          IMG_5867.jpg


真紅のバラのように見えるバラ星雲、
このバロン ジロー ドゥ ランなどはぴったりのイメージではないでしょうか?

と無理やりまとめてみました!(笑)


この記事のURL | Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ラ レーヌ ビクトリア La Reine Victoria
- 2008/05/19(Mon) -
IMG_6022_sh01.jpg

                 IMG_6023.jpg

雨に打たれてうつむいてしまいました。
IMG_6115_sh01.jpg

ラ レーヌ ビクトリア La Reine Victoria
作出国:フランス
作出者:J.Schwartz
作出年:1872年
系統:ブルボン
樹高:1.5m程度
花期:一季咲き
花色:ピンク
大きさ・花型:中輪・ディープカップ咲き

       
ディープカップ咲きが完璧に整っています。
完璧すぎて、
『もっちょっと揺らいだ部分があってもいいんじゃないのかな
そんなんだと疲れませんか?』
と眺めながら思ったりしています。


             下はラ レーヌ ビクトリアの変異種のマダム ピエール オジェです。
             こちらの方がとってもデリケートな色で繊細かつ儚げな印象です。
             IMG_5838_sh01.jpg





この記事のURL | Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
アルバータイン  Albertine
- 2008/05/18(Sun) -
IMG_6133_sh01.jpg

前に記事にした壁面の薔薇アルバータインが満開です。
もっと淡い色の薔薇にするべきだったと考えたりしながら、
今からは散った花びらの掃除が朝夕の仕事になります。






この記事のURL | 季節の植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
グルーテン ドルスト  Grootendorst
- 2008/05/18(Sun) -
IMG_6089_sh01.jpg

                   IMG_6094_sh01.jpg

ホワイト グルーテン ドルスト  White Grootendorst
作出国:アメリカ
作出年:1962年
作出者:eddie
系統:ハイブリッド ルゴサ
樹高:2m程度
花期:四季咲き
花色:ホワイト
大きさ・花型:中輪・八重咲き




IMG_6084.jpg

                   IMG_6083.jpg

FJ グルーテン ドルスト F.J. Grootendorst
作出国:ドイツ
作出年:1918年
作出者:de Goey
系統:ハイブリッド ルゴサ
別名:グルーテンドルスト
樹高:2m程度
花期:四季咲き
花色:レッド
大きさ・花型:中輪・八重咲き

カーネーションのような花びらが気に入って育てています。
白は地植えにしてありますから元気に成長してたくさんの蕾を持っています。
レッドのほうは鉢植え、この色で大きくなると困ったことになりそうなので。
剪定で樹高や樹形は管理できると説明に書いてありますから、
白は大きめにレッドは小さめにという計画です。
どちらも房状にたくさんの花付です。



この記事のURL | Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
今日のバラ
- 2008/05/17(Sat) -
IMG_6026_sh01.jpg

グレイ パール Grey Pearl

                    IMG_6039_sh01.jpg

                     チャールズ レニ マッキントッシュ Charles Rennie Mackintosh

IMG_6028_sh01.jpg

プリンセス オブ ウエールズ Princess of Wales

                      IMG_5950_sh01.jpg

                      アブラハム ダービー Abraham Darby

IMG_5931_sh01.jpg

フォルストマンズ ローゼン レズリー


今日も何とかいい天気でしたが夜はかなりの雨が降りました。
おかげで朝の水遣りが楽になりそうです。



この記事のURL | Roses | CM(4) | TB(0) | ▲ top
カーディナル ドゥ リシュリュ Cardinal de Richelieu
- 2008/05/16(Fri) -
IMG_5935_sh01.jpg

咲き始め


            IMG_5980_sh02.jpg

            咲き進んだ様子


                      IMG_6036_sh01.jpg

                      もうちょっとでハラハラと花弁を散らします。



カージナル ドゥ リシュリュ Cardinal de Richelieu
作出国:フランス
作出年:1840年
系統:ガリガ
樹高:1m程度
花期:春一季咲き
花色:濃紫
大きさ・花型:中輪・八重
コンパクトなブッシュです、我家では。
              
場所を変えて2本のカーディナル ドゥ リシュリュを植えてあります。
狭い庭のなのにそれも1季なのに。


そんな贅沢を許すくらいに好きなバラです。



この記事のURL | Roses | CM(4) | TB(0) | ▲ top
バリェガータ・ディ・ボローニア Variegata di Bologna
- 2008/05/15(Thu) -
IMG_5967_sh01.jpg

バリェガータ・ディ・ボローニア Variegata di Bologna
作出国:イタリア
作出年:1909年
系統:ブルボン
樹高:2m程度
花期:一季咲き
花色:ローズピンクの絞り
大きさ・花型:中輪・カップ咲き
香り:強
やせた土地や少々の日陰にも耐える。
うどん粉病に注意!

うどん粉に弱いのは実感しています。
それでもクリーミーホワイトに濃いローズピンクの縞が入った此花の存在感、
気に入りました!





IMG_5853.jpg

IMG_5963.jpg

このバラ何者なのかわかりません。
どなたか解ったら教えてください。





この記事のURL | Roses | CM(4) | TB(0) | ▲ top
雨の日には切花で!
- 2008/05/14(Wed) -
IMG_5998.jpg

                     IMG_6004.jpg

                     せっかくなので切花にして楽しむことに。
                      
                     バロン ジロード ラン
                     マダム アルフレッド カリエール
                     ピエール ド ロンサール                        
                     ルイーズ オジェ
                     ペネロープ
                     ガーディナル リシュリュー                    
                     アルベルティーン

外では花に近寄ってかぐことでしか確認できないバラの香り、
部屋に持ち込むとしっかり感じます。

この束はしばらく我家にありましたが、
その後この花にふさわしい可愛い人に
プレゼントしました。



この記事のURL | Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ガブリエル・ノエル Gabriel Noyelle
- 2008/05/14(Wed) -
 IMG_5897.jpg

ガブリエル ノエルが咲いています。
暖かい豊かな色、サーモンピンクです。            

              IMG_5920_sh01.jpg

               そして2日後、淡いピンクに変身しています。
               クールな冷たい感じの色、雨のせいだけでもないのです。
              

              IMG_5975_sh01.jpg

              モスローズは蕾や花首をモス(苔)のように見える腺毛が
              密生しているのが特徴です。         
              苔に覆われた蕾は、ほんとにかわいいです。


ガブリエル・ノエルGabriel Noyelle

作出国:フランス
作出年:1933
系統:モス
花:薄いサーモンピンク/8cm 剣弁気味のカップ咲き
強香、返り咲き
樹高:180cm



この記事のURL | Roses | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ブルボン クイーン Bourbon Queen
- 2008/05/12(Mon) -
 IMG_5916_sh01.jpg

               IMG_5927_sh01.jpg

                              IMG_5917_sh01.jpg

ブルボン クイーン Bourbon Queen
作出年:1834年
系統:ブルボン
別名:クイーン・オブ・ブルボン
樹高:3m程度
花期:春一季咲き
花色:ピンク                   
大きさ・花型:中輪・カップ咲き         

植物の込み入った日当りイマイチの場所に植えてしまいましたが、
何とか育っています。
もっと丈が伸びてくれればこの場所でも真価を発揮してくれるかも、
来季に期待です。



この記事のURL | Roses | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アッシュウェンズデイ Ashwednesday
- 2008/05/12(Mon) -
IMG_5859.jpg

                   IMG_5862_sh01.jpg

アッシュウェンズデイ Ashwednesday
Kordes (ドイツ)1955年
系統/樹形 / モダンクライミング
樹高 / 2.1m~3.0m
花期 / 一季
香り / 微香

溺愛中のつるバラなので今日もアッシュウェンズデイを記念写真!



この記事のURL | Roses | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ロサ キネンシス アルバ Rosa chinensin alba
- 2008/05/12(Mon) -
IMG_5872_sh02.jpg

                         IMG_5953_sh01.jpg

ロサ キネンシス アルバ Rosa chinensin alba
系統:原種
原生地:中国
和名:白長春
花:白 中輪 半剣弁盃状咲き
咲き方:一季咲き
香り:中香
樹形:半つる性 250cm


蕾はほのかにピンクを帯びていますが、
花が開くと純白の丸みを帯びた優しい花が咲きます。
それにとても早咲きでもうたくさんの花弁を地面に散らしています。
樹形もたおやかでステムも短く、
今のところ東側のコナーに納まっています。





この記事のURL | Roses | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アルバータイン Albertine
- 2008/05/11(Sun) -
IMG_5930.jpg

             IMG_5937.jpg

アルバータイン Albertine
作出国:フランス
作出年:1921年
作出者:Barbier
系統:ランブラー
別名:アルベルティーヌ
樹高:5m程度
花期:一季

壁面のアルバータインが咲き始めています。
いつも剪定の時に3分の2ぐらいを切ってしまいますが、
それでも樹勢の強いつるバラで何本かのラインを創って7mほどには伸びています。
脚立を立てての誘引作業は寒い中大変ですが、こうして花が付くと
来年はもうちょっと枝を残そうかな などと考えてしまいます。

誘引の時にはすっきりさせたくて,
「切っちゃえ!、切っちゃえ!」とバシバシやってしまうんですけどね。




この記事のURL | Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
続 風かおる5月
- 2008/05/09(Fri) -
IMG_5831_sh01.jpg

チョウジソウももうすぐ終わりそう。
5弁の細い花びらを持つ小さな花がブーケのようにまとまって咲きます。
 

 IMG_5834_sh01.jpg
  IMG_5833_sh01.jpg

ルピナスもきれいな形の葉っぱに雫をためて花穂は上に上にと背伸びをしています。
でもこの葉っぱ小さな青虫の好物らしくあちこち穴あきになっています。
他にこの青虫の好物は、苧環の葉、タイツリソウの葉、トリカブトの葉です。
美味しいのかな?
でもトリカブトの葉を食べても大丈夫なんですかね?



 IMG_5908.jpg
  IMG_5910.jpg

ゲラニュームもパキっと端正な花びらを開きました。
 

 IMG_5901.jpg
  IMG_5904.jpg

そして今日の目玉、ムサシアブミです。
ご近所さんの庭に遊びに行き頂きました。
ジキタリスの林のそばで、二人なにやら密談の最中のようです。


明日は3月下旬の気温に逆戻りとか、
最高気温が今日より10度もさがるようです。
風など引かぬようにしましょうね。


この記事のURL | 季節の植物 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
風かおる5月
- 2008/05/09(Fri) -
今日は無風状態ですが一応タイトルは風かおる5月です。
バラが咲いてくると忘れがちになる植物をまとめてみます。


IMG_5785.jpg

清潔感あふれる白い花で、
庭の混乱した景色を何とか落ち着かせてくれているオルレヤ背丈も幅も大きくなりました。
 
 
 IMG_5800_sh01.jpg
   IMG_5803_sh01.jpg

シラー苧環
特別手入れもしないのにいつもの場所でいつものように咲きます。
将来はバラを最小限にして宿根草中心でやっていったほうがいいかもしれません。



IMG_5810.jpg

クロバナフウロウお気に入りなのでまたまた出番です。
派手な花はすぐに飽きてしまいますがこれはいつ見ても気持ちにしっくり来ます。
あまり目立たないということで落ち着くんですよね。

 

 IMG_5827_sh01.jpg
  IMG_5809.jpg

白の忘れな草に押されてしまいひっそり咲いた都忘れと
ヒューケラの葉っぱからちょっと覗いたローンデージー



IMG_5820_sh01.jpg

ライスフラワー、枯れ木のような状態の冬を乗り越えて、
いつのまにか薄いピンクの米粒状の小さな花をたくさんつけています。


今日もすっきりしない曇り空、
でもこんな天気結構好きです。
まぶしい太陽の強烈な日差しもたまにはいいですけどね。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マダム ピエール オジェ
- 2008/05/08(Thu) -
IMG_5838_sh01.jpg

IMG_5837_sh01.jpg

マダム ピエール オジェ  Mme Pierre Oger
作出国:フランス
作出年:1878年
系統:ブルボン
樹高:1.5m程度
花期:返り咲き
ラレーヌビクトリアの変異種

ほとんどまん丸 球状です。
花の重さに耐え切れずうつむいているのもありますが、
なんと美しい!



IMG_5813.jpg

グロワール ドゥ ディジョン Gloire de Dijon
作出国:フランス
作出年:1853
系統:Climbing Tea
樹高:2.5~3
花期:返り咲き

いつもどうりのクシャクシャ咲き
「千里香」の名前どうりにいい香りです。

しかしうどん粉病、黒点病のどちらにも愛されて、
いつまでたっても調子が良くなりません。




この記事のURL | Roses | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ジャクリーヌデュプレ
- 2008/05/07(Wed) -
IMG_5783.jpg

ジャクリーヌ・デュ・プレ Jacqueline du Pre
作出年:1988年
作出国:イギリス
作出者:Harkness
系統:モダンシュラブ
花期:周年開花
天才女流チェリストの名を冠したシュラブローズ。
赤いシベが特徴です。


IMG_5792.jpg

ルイーズ オディエ Louise Odier    
作出国:フランス
作出年:1851年
系統:ブルボン
花形:花弁がびっしり詰まったカップ咲き
花径:8cm
開花期:二季咲き性(春と、夏または秋に開花)~四季咲き性(春~秋)
樹高:高さ150~180cm、葉張り120cm
樹形:つる性

・・・半日陰や、1日の日照時間4時間以下の場所でも栽培できますが、
午前中の日当たりのよい場所のほうがよく咲きます。・・・

半日陰でも可、嬉しいではありませんか。
早速朝日の何とか当たる場所に植えました。
確かに半日陰でも大丈夫みたいです。
他の植物に邪魔された日陰になった部分にも蕾をつけていますから。




この記事のURL | 季節の植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。