スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
アイビーゼラニューム
- 2008/08/29(Fri) -
IMG_7146.jpg
                  
                     IMG_7144.jpg

昨夜はすごい雨と雷で睡眠不足です。
今日も不安定な天気で今も遠雷が聞こえています。
豪雨の被害に遭われた方 本当に大変ですね。
穏やかな天気が戻って欲しいですね。

アイビーゼラニューム かわいい花を次々に咲かせています。

今日は雨の合間をみて庭仕事をやったり、
二人の花友達の庭見学で良い刺激を受けたりと楽しい時間を過ごせました。

よその庭を見ることで、自分の庭が客観的に見えたりしますよね。
雨がやんだら頑張ろーっと!
暑さのせいもあって下がり気味だった庭仕事へのモチべーションが上がった気がします。



スポンサーサイト
この記事のURL | 季節の植物 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
トーベイダズラー
- 2008/08/27(Wed) -
IMG_7178.jpg
                     
                            IMG_7179.jpg
                          リュウゼツラン科の
                          コルディリネ  トーベイダズラーです。

                          昨年はひょろひょろしていましたが、
                          なかなか良い感じになってきました。
                          シャープな剣葉がかっこいいですよね。

IMG_7182.jpg

銅葉のほうは レッドスターです。
こちらは5年ほど前からの物でかなりの迫力ですが、
2年ぐらい植え替えをしていないせいか葉っぱが乱れ気味です。

剣葉を使ってごちゃごちゃした庭を引き締めたいと思っていますが、
そんな努力もむなしい庭風景です。




この記事のURL | 季節の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アレカ カテク (ビンロウジュ)?
- 2008/08/26(Tue) -
IMG_7169.jpg

               IMG_7170.jpg

観葉植物の棚で見つけました。
扇子のよう折りたたまれたラインがくっきりと美しい葉です。
店でも名前が解らないそうなので
ネットで探してみました。

アレカ カクテカテク (ビンロウジュ)
ヤシ科
原産地インド~マレーシア 

多分これかな?

自分でははじめて見る植物だったので、
(この根拠は冷静に考えると可笑しいです。)
それにお店(J H)の人も知らないと言うので、
これは珍しい植物に違いないと思ったのですが、

なんだかそうでもないみたい。


この記事のURL | 季節の植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
サワギキョウ
- 2008/08/25(Mon) -
IMG_7153.jpg
             
               IMG_7152_sh01.jpg

サワギキョウ(宿根ロベリア) キキョウ科
湿地に群生するそうですが、いつかそんな風景を見てみたいものです。
毒があると言う説明も見つけました。
そういえば猛毒のトリカブトの花の色と似ていますよね。


オリンピックとともに夏は去り
雨続きですっかり涼しくなってきました。
このまま残暑もなく秋に突入なんでしょうか?
それもちょっと寂しい・・・
まだ8月なんですから。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ラベンダーピンクの小さな花です。
- 2008/08/24(Sun) -
IMG_7149.jpg
               
                IMG_7148.jpg

これはラバテラの種類?
ラベル落ちの商品だったので名前が解りません。
2.5cmほどの花が1ヶ月も前から咲き続けています。


名前が解らないけど、お気に入りです。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カンナ
- 2008/08/21(Thu) -
IMG_7140_sh03.jpg
                
                 IMG_7136_sh01.jpg

この季節 陽炎が揺らめく道路沿いに大株になって咲くカンナはたくましい感じでいいですよね。
斑入りの葉が個性的なカンナも時々見かけます。

これはごく普通のタイプですが、
白い花が気にいって買ってしまいました。
たくましく大株になって夏の庭のポイントになってくれたらいいなと思っていますが、
そんな日当りの良い大株を受け入れられる場所はどこにもない訳で・・・・・・

とりあえず鉢でやってみます。
(この『とりあえず』が曲者で「とりあえず鉢」が多くなりすぎて収拾が付きません。)

カンナを間近でしっかり見たことはなかったのですが、
花弁は薄紙のようにデリケートです。

バックはカラミンサ、触るとさわやかなハッカの香りです。



 
この記事のURL | 季節の植物 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
いちじく(無花果)
- 2008/08/20(Wed) -
IMG_7119.jpg
昨年は3個し実らなかったイチジクが今年は10個ほど実をつけました。
写真では美味しそうに見えませんが・・・

ほんとに美味しくありませんでした!
どうして?
昨年は甘くて美味しかったんです。

これはお友達にもらったイチジクがとても美味しかったので一枝もらって挿し木したものなのです。


IMG_7116_sh01.jpg
美味しくないわけはないので肥料をやって
次に熟すのを美味しくしてもらいます。

もう手遅れでしょうか?



学名 Ficus carica  英名 fig tree
クワ科イチジク属の落葉高木。
別名、蓬莱柿(ほうらいし)、南蛮柿(なんばんがき)、唐柿(とうがき)など。
原産地はアラビア南部で、紀元前3000年頃には栽培されていた。
日本には、1630年長崎に渡来した。
不老長寿の果物ともいわれている。
ーウィキペディア(Wikipedia)よりー


当時は大変貴重な珍しい果物だったんですね。フムフム・・・




この記事のURL | 季節の植物 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
アブチロン
- 2008/08/18(Mon) -
IMG_7079_sh01.jpg

        IMG_7085.jpg

                IMG_7084_sh01.jpg

アブチロン(アオイ科)が咲いています。
5号サイズの小さな鉢ですが次々に咲いて、楽しませてくれます。

昨日は昼間もクラー無しで過ごせる涼しい1日でしたが、
そのまま涼しくなるわけもなく
昼間は又いつもの暑さです。


ただ クリスマスローズに小さな新芽が見えてきたり、
暑さで葉を落としてしまったバラの葉が展開してきたりして、
植物は確実に秋をかんじているようです。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
「画家と庭師とカンパーニュ」を観る。
- 2008/08/16(Sat) -
渋谷bunkamuraの中にあるルシネマで今公開中の
「画家と庭師とカンパーニュ」を観に行きました。

original.jpg

監督 ジャン・ベッケル
出演 ダニエル・オートゥイユ ジャン=ピエール・ダルッサン

「クリクリのいた夏」はフランスの片田舎を舞台にした秀作です。
登場人物のそれぞれが魅力的で見た後も暖かな気持ちで満たされるステキな映画でした。
そのジャン・ベッケル監督なので是非見たいと思ったのです。


あらすじ
画家として成功を収めた主人公は度重なる浮気などが原因で妻と別居することに。
パリから生まれ故郷の田舎に戻った彼は、ある男を庭師として雇う。
その男は、偶然にも少年時代に一緒に悪ふざけをした幼なじみであった。
定年まで国鉄で辛い仕事に従事していた彼は現在、趣味の庭作りや家庭菜園を第二の人生としていた。
お互い全く違う道に進み、久々の再会ではあったものの友情を取り戻すのに時間は必要としなかった。
自然に囲まれ、ワインや音楽を楽しみ、会話を重ねる…。
この交流によって二人は人生を再発見し、少しずつ人間らしさを取り戻していく。
しかしある日、庭師が病に倒れてしまう。そして彼の病はすでに手のつけようもないほど進行していた…。

ールシネマの案内よりー


予想どうりステキな映画でした。
美しい田園風景のなかで交わされる画家と庭師の自然な会話がいいのです。
殆んどが二人の何気ない会話で成り立っているのですが、
その何気ない会話のなかに人生の本質のようなものが自然に語られていました。
死、芸術、友情、生き方等々についての会話に
違和感なく参加している気分でした。


ダニエル・オートゥイユ とジャン=ピエール・ダルッサン
どちらも良かった。



そしてbunnkamuraでのお楽しみはのフレンチカフェ「ドゥ マゴ」でのお茶です。
歴史あるパリの本店にはランボーやヴェルレーヌら多数の文学者たちが
集っていたことで知られています。
IMG_7107_sh01.jpg
           
           IMG_7108_sh01.jpg
           颯爽としたギャルソンをこっそり撮ろうとしましたが、
           てきぱきした動きでぶれてしまいました。




この記事のURL | 映画 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
東京博物館 表慶館
- 2008/08/15(Fri) -
IMG_7103.jpg
1909年(明治42年)に日本で始めての本格的美術館として開館したそうです。
ドーム屋根の建築が美しく思わず足を止めてカメラに収めました。
いつか内部もみたいと思いつつ特別展で疲れてしまい素通りです。

                   IMG_7106.jpg
                   暑い中数人の学生がスケッチに熱中していました。


IMG_7086.jpg
公園の中ほどにある噴水、
カメラを向けたらとたんに小さな水の塔になってしまいました。


この記事のURL | お出かけ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
「対決-巨匠たちの日本美術」
- 2008/08/14(Thu) -
東京博物館で開催中の「対決-巨匠たちの日本美術」
平成館(2008年7月8日~8月17日)
を観にいきました。

人気のある展覧会なので覚悟はしていましたが、
人数制限され長い行列が出来ていました。
じりじりと暑い日差しの照りつける中、東博で用意された日傘をさして待つこと40分
やっと入場出来ました。
まずは最初の対決

運慶 vs 快慶  —人に象る仏の性—
東大寺南大門の金剛力士像の共同制作とされる二人です。
寺の御堂のほの暗い中で見る仏様とは違い、
いろいろな角度から、後ろに回っても観る事が出来るのは嬉しいことです。
運慶の存在感あるどっしりした仏、快慶の優美で繊細な立ち姿の仏
暑さからやっと逃れることが出来たせいもあって、有難いのひと言です。


雪舟 vs 雪村  —画趣に秘める禅境—
IMG_7094_sh02.jpg

岩に向かって座る達磨に 弟子にと願う僧がその決意を表すために
自らの左腕を切断したと言う話で有名な雪舟の国宝「 慧可断臂図 」

楽しみにしていた絵です。
その後入門を許された 慧可は左手がなくて不自由だっただろうに、
右手でなく左手でいくぶん良かったか?
などとあらぬ方向に考えたりしました。

雪村の「 蝦蟇鉄拐図 」も蟇鉄仙人
(三本足の蝦蟇を従えて魂を遠くまで吹き飛ばすことが出来た仙人)
が忘れられない表情で面白い絵でした。


永徳 vs 等伯 —墨と彩の気韻生動—
長谷川等伯 の「 松林図屏風」7月までの展示とかで見ることが出来ませんでした。
残念!
長谷川等伯 の「萩芒図屏風 」の前では
「こういうのだったら、うちにも欲しいね』と夫のひと言


長次郎 vs 光悦  —楽碗に競う わび数寄の美—
本阿弥光悦の「黒楽茶碗 銘七里 」繊細にしてシャープな感覚気に入りました。


宗達 vs 光琳  —画想無碍・画才無尽—
俵屋宗達蔦の「細道図屏風」
これは私も欲しいと欲張りな二人です。


仁清 vs 乾山  —彩雅陶から書画陶へ—


 円空 vs 木喰  —仏縁世に満ちみつ—
夫の一番だったという感想の対決


大雅 vs 蕪村  —詩は画の心・画は句の姿—


若冲 vs 蕭白  —画人・画狂・画仙・画魔—
IMG_7100_sh01.jpg
伊藤若冲の「仙人掌群鶏図襖 」もすごかったけれど
曽我蕭白の「群仙図屏風 」の迫力にはかないません。
テレビなどで詳しい説明とともによく紹介されるので知ってはいたのですが、
この驚き!言葉がありません。
不思議で不気味な世界です。

『芸術的な画を望むなら自分に、実用的な絵画を求めるなら丸山応挙に』
と豪語したそうでなんともあっぱれです。
 


応挙 vs 芦雪  —写生の静・奇想の動—
IMG_7095_sh02.jpg
こちらは虎対決です。
長沢芦雪の「虎図襖」
4面のふすまから飛び出てきそうな勢いのある虎の絵ですが、
出てきた虎ののどもとをなぜてやりたくなるようなかわいい猫顔の虎です。



歌麿 vs 写楽  —憂き世を浮き世に化粧して—

鉄斎 vs 大観  —温故創新の双巨峰—


後半はあまりの作品の多さに頭が混乱気味です。

最後までお付き合いありがとうございます!





この記事のURL | お出かけ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
へメロカリス
- 2008/08/11(Mon) -
IMG_7062.jpg
しばらく前に咲き終わったと思っていたヘメロカリスが、
新しい花茎に花を咲かせています。
野生的なようでいてエレガントな表情も見せるお気に入りの花です。

これを大株にしてたくさん咲かせてみたいのですが、
地植えで2年目まだまだ小さいです。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ディアボロ
- 2008/08/10(Sun) -
IMG_7017.jpg
ディアボロ
バラ科テマリシモツケ属
耐寒性落葉中低木類
きれいな銅葉で暑さにも強いです。
ホスタなどのように暑さで葉が痛んできたものもある中
きれいな状態を保っています。
(今80cm程に成長)


           そして5月にはこんな花が咲きました。
           IMG_6252.jpg
            (5月20日撮影)



この記事のURL | 季節の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハブランサス ロブスタス
- 2008/08/09(Sat) -
IMG_7068.jpg
ハブランサス ロブスタス
アルゼンチン ブエノスアイレス付近に広がる雄大な大草原パンパに自生しているらしい。
ハァー!いいな~♪

でもうちのは5個程が庭の隅っこに咲いているだけでなので、
そんなイメージはかけらもありません。

ピアソラのタンゴなんか聞きたいです。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
セイヨウニンジンボク
- 2008/08/08(Fri) -
IMG_7073_sh02.jpg
       
IMG_7047.jpg
セイヨウニンジンボク クマツヅラ科  
ヨーロッパ南部,西アジア原産
株は古いですが鉢植えなので、1mほどの大きさです。
なぜか花穂が小さめ、花付はとてもいいです。
 
                IMG_7053.jpg
                これは斑入りニンジンボク
                花は咲いたことがありませんが、
                斑の入り具合はなかなかきれいです。





この記事のURL | 季節の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ユーパトリウム
- 2008/08/07(Thu) -
IMG_7014.jpg
                
              IMG_7015.jpg
                        
青花フジバカマとも呼ばれるユーパトリウムです。
昨年他の植物を植えるために邪魔になる部分を沢山抜いてしまったので
今期は大丈夫かなと思っていましたが さわやかなブルーで咲いてきました。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
マンドリンを弾くジプシー女 
- 2008/08/06(Wed) -
兄の飾っていた絵が気になってあれこれ探していたら
見つけることが出来ました。
corot_mandolinb00.jpg
マンドリンを弾くジプシー女 <クリスティーヌ ニルソンの肖像>
1874年  80×57cm サンパウロ美術館

サンパウロ美術館!!
それだったらあるかもしれないと昔の図録などひっくり返していたら、
ありました。
               IMG_7008.jpg
IMG_7007.jpg
コローは生涯独身でサロンに出品のための風景画を描く合間に
自己の心情の<打ち明け相手>として女性や子供を描いた とあります。
1875年になくなっていますから、
その前年78才頃に描いたものですよね。

(これだけリアルに美人の絵だと私は自室に飾ったりしないな。
張り合う気はぜんぜんありませんが。)



ブラジルに出かけることはないと思うけど、
いつかもう一度観たい絵になりました。

今年は兄の17回忌です。



この記事のURL | お出かけ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「コロー 光と追憶の変奏曲」
- 2008/08/04(Mon) -
国立西洋美術館で開催中の
「コロー 光と追憶の変奏曲」展に行って来ました。
ジャン=バティスト・カミーユ・コロー(1796年7月26日 - 1875年2月22日)
IMG_7003.jpg
今回の目玉作品『真珠の女』の大看板を掲げた西洋美術館正面です。

展示構成は
1章 初期の作品とイタリア
2章 フランス各地の田園風景とアトリエでの制作
3章 フレーミングと空間、パノラマ風景と遠近法的風景
4章 樹木のカーテン、舞台の幕
5章 ミューズとニンフたち、そして音楽
6章 「思い出(スヴニール)」と変奏
   
まずはパンフレットにもある
「真珠の女」 1858-68年 ルーヴル美術館
コローのモナリザとも言われる作品
ダビンチのモナリザと同じようにコローはこの絵を死ぬまで手放さず加筆を繰り返したそうです。
会場でも一番の観客を集めていました。
照明の加減かもしれませんが、黒髪の部分が無数の細かな白い光を発していて
不思議な感覚でしたが
今日はこの絵を見に来たような物ですから、満足です。

16年ほど前になくなった兄の部屋の片隅に はるか昔のことですが
コローのこの絵に似たの複製画が飾ってあったのを思い出して
生きていればきっと兄も観に来ただろうと思ったりしました。

パリ郊外の森の詩情あふれる風景画を描いた画家という程度の知識しかなく出かけたのですが、
その後の印象派の画家に多大な影響を与えたと言うことで、
シスレー、ドラン、ルノアール、ピサロ、マティス、セザンヌ、モネ、
ゴーギャンなどの絵の展示もありました。
ブラック、ピカソやモンドリアンまでも。
モンドリアンも初期には風景画を描いていたんですね。

印象派以降の絵を見慣れているので
コローは地味に見えてしまいますが、
間違いなくその時代の先駆者だったのだと認識しました。

そして展示会場はこんな言葉で締めくくられていました。

ー現実は芸術の一部であり
        感情はこれを完全なものとするー  カミーユ コロー

ーただ感情によってのみ
         芸術における真実に到達できるー  カンディンスキー




ちょっと休憩を取り常設展も見てきました。
IMG_6983.jpg

ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの
<<聖トマス>>
12使徒シリーズの一つ国立西洋美術館が2003年度に購入したラ・トゥールの初期作品
2005年にはジョルジュ・ド・ラ・トゥール展も開催されたのですが
ほんとに残念! 観ていません。
常設展示のほうはフラッシュ無しであれば撮影OKです。

常設展示の基本となる松方コレクションにはそうそうたる画家の有名作品でがいっぱいで、
こちらも堪能できました。




この記事のURL | お出かけ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
フロックス
- 2008/08/02(Sat) -
IMG_6947.jpg
           
********************IMG_6953.jpg

今日も暑かったですね。
フロックスも息も絶え絶え 
それでも何とか咲き続けています。

朝のほんのひと時だけの庭仕事、
掃除と水遣りでだけで他に何にも出来なくなりました。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。