スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
今日の庭
- 2008/09/30(Tue) -
しばらく更新をお休みしましたので、
今日は頑張ります!

IMG_7419_sh01.jpg
フローランス ドゥ ラトール Florence Delattle
春にはグレイッシュラベンダー色、今はこんな優しいピンクです。
春の色のほうが好きだなー。

 
 IMG_7394_sh01.jpg
 IMG_7432_sh01.jpg
斑入り葉が特徴のヘルシューレンとチャイナのソフィーズパーペチュアル


            
            IMG_7422_sh01.jpg
            弁慶草 
            斑入りの葉と白い花、それに丈夫らしいという事で
            買ってきました。



IMG_7430_sh01.jpg
パープル・ファウンテングラス
イネ科 ペニセツム属  
耐寒性:弱

今 自分の中での注目の植物はワイルドでかつ繊細なグラス類です。
しかこのパープル・ファウンテングラスの注意点は 耐寒性が弱、この冬を気をつけなくては。
ユーパトリウムの チョコレートと相性が良さそうです。
今は穂が出ておりませんが、
来年あたりには秋風にゆれるダークな穂がワイルドな風景を作ってくれるに違いありません。

しかしそんなワイルドな風景がうちのどこにできるの?
狭くて日当りもイマイチなのに。
(それを言っちゃ何にも出来ないよ!)
と自問自答中です。

 
 IMG_7442_sh01.jpg
 IMG_7448_sh01.jpg
この花の名前なんだったかな? それとフロックスも細々と そこかしこに。

 

 IMG_7434_sh01.jpg
 IMG_7436_sh01.jpg
ゲラニューム ボックストンズブルー Geranium `Boxton's Blue'
この花のメタリックなブルーはとてもクール、
気に入っています。



今日は一段と寒かったですね。
昨年のこの時期何を着てたんだろう?
セーターなんか引っ張り出して着ていました。

皆さまも風邪にお気をつけください。


スポンサーサイト
この記事のURL | 季節の植物 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
グリッドシステムを活用してのレイアウト練習
- 2008/09/25(Thu) -
IMG_7410_sh01.jpg

IMG_7415_sh01.jpg
植物の写真がありませんので、
今日の机の上を撮ってみました。

切っては張り付け、はずして場所を変えて貼り付け、
又もとの場所に貼り付け、さらに切り刻んで貼り付け、・・・・・・・・
あー ピタッと 決まらない!


机の上が切りくずだらけになって終わってしまった1日でありました。

面白そうな課題だと思ったのですが、決して思うようにはいきません。

しかし放り投げるにはそれなりに勇気が必要でなわけで、

明日も切り刻みの作業は続けねばならず、

今夜はこのまま寝るとしよう。


グリッドシステムとはヨーロッパで生まれた伝統的なレイアウトテクニックです。
作品作りのアプローチの方法としての試みです。



この記事のURL | Calligraphy | CM(4) | TB(0) | ▲ top
クルクマ
- 2008/09/24(Wed) -
IMG_7343_sh01.jpg
               
               IMG_7344_sh01.jpg

IMG_7345_sh01.jpg

ショウガ科のクルクマです。
7月6日にも登場させましたが、

7月6日のクルクマ

あれから、ズーーーーッと咲き続けています。
花が終わる頃に次の花茎がグーンと上がってきて、
又咲き始めるのです。
花期が長いと聞いていましたが、
確認できました。

ちょっとした気の迷いで買ってしまったクルクマですが、
なかなか楽しめます。
耐寒性が少々心配ですが。

今日散歩途中に巨大なクルクマを見つけました。
きれいに整備された畑の1列が、白い苞の付いたカンナのような大きさの植物で、
それがどうみてもクルクマでした。


帰ってから調べたらウコンのようです。
今日はいつになく、1つだけ賢くなりました。


この記事のURL | 季節の植物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
グロワール・ド・ディジョン 
- 2008/09/22(Mon) -
IMG_7384.jpg

IMG_7389_sh01.jpg

グロワール・ド・ディジョン Gloire de Dijon
1853 France

我家には2本のグロワール・ド・ディジョンが植えてあります。
どちらも私の手厚い看病にもかかわらずいつも黒点病を患ってはいますが
時々こんなステキな花を見せてくれます。

なんてね。
「たまには咲かないと強剪定しちゃうぞ」
とはさみを持って脅しています。



この記事のURL | Roses | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今朝のバラ
- 2008/09/20(Sat) -
IMG_7392_sh01.jpg
プロスペリティ (ハイブリッドムスク)

IMG_7399.jpg
ピンク アイスバーグ(フロリバンダ)

IMG_7396.jpg
粉粧楼(チャイナ)

この朝夕の涼しさで少し元気を取り戻してきたバラです。
いつものバラがいつものようにちょっとづつです。


昨夜の雨もすっかり上がり、台風一過いい天気でした。



この記事のURL | Roses | CM(8) | TB(0) | ▲ top
ユーパトリウム 2種
- 2008/09/18(Thu) -
IMG_7375_sh01.jpg
      ユーパトリウムの白

                     IMG_7377_sh01.jpg
                          ユーパトリウム チョコレート
                          もうすぐ白い花が咲きます。

いつもバックに写っている紫のものと3種類
とても元気な宿根草です。


買い物 メモ                         
スカシユリの球根
エロディ  (ピンク 八重) 
ランディーニ (赤黒)




この記事のURL | 季節の植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
斑入りクワズイモ
- 2008/09/17(Wed) -
IMG_7373_sh01.jpg

             IMG_7372_sh01.jpg

斑入りクワズイモ
Alocasia odoraマクロリーザ  
サトイモ科 アロカシア属
原産地 日本・中国・フィリピン


気になっていた斑入りクワズイモをゲットです。

昨年花の木で、8000円なりこの植物を見て、
なんてきれいなんだろうと思いました。
売約済みだったし8000円は高いと思い眺めて終わりだったのでが・・・・・

先日いつも行く近所のスーパーに入っている小さな花屋さんに
これがあったのです。
エッ 600円ですか?

あの憧れていた植物が600円とは嬉しいけど
なんだかなー! 
格段に流通量が多くなったんでしょうか。

そんなこんなで我家にやってきた斑入りクワズイモです。

TITANさんよりコメントを頂き、
オドラ(クワズイモ)の斑入りではなく
マクロリーザ(インドクワズイモ)の斑入りという事が解りました。
TITANさん
ありがとうございます。




IMG_7382_sh01.jpg
高くなるタイプのスカビオサ、
優しいブルーで咲いてきました。
見て 見て!
タズさんに頂いた苗からです。
この3倍くらい咲いてます。

ほんとにありがとう!
大事にします。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
夏・名残のバラ
- 2008/09/16(Tue) -
剪定をしなかったバラが細い枝先に小さく咲き始めています。
IMG_7358_sh01.jpg
フェリシア

IMG_7329_sh01.jpg
ローズマリー(ER)

IMG_7356_sh01.jpg
ローズマリー(ER)

IMG_7351_sh01.jpg
ピンク・グルス・アン・アーヘン(=イレーヌ・ワッツ)(CH)

IMG_7361.jpg
グルス・アン・アーヘン(CH)

IMG_7363_sh01.jpg
ホワイトウイングス(フロリバンダ)

IMG_7249_sh01.jpg
(不明)

IMG_7365_sh01.jpg
(不明)

IMG_7331_sh01.jpg
フォルストマンズローゼンレズリー

最近写真を撮るのを怠けていて、
なかなかいい時期のバラを撮る事が出来ません。

プロの育てたバラを見ると「やっぱりバラはいいなー!」とため息が出ますが
うちではなかなか難しいようなので、、
園芸店のバラコナーの前での時間が少なくなってきました。
春には又再燃するかな?

それでもダイアジノンを蒔いて、肥料もやって一応の手入れは終えました。




この記事のURL | Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ブルースター
- 2008/09/14(Sun) -
IMG_7334_sh01.jpg
                  
                   IMG_7332_sh01.jpg

ブルースター(オキシペタルム)
ガガイモ科
ブラジルからウルグアイにかけて分布する半つる性の植物

これは背丈が高くなりすぎて倒れこんできます。
それにアブラムシが付いたりして、いつもきれいって訳には行きませんが、
このブルーの色はやっぱりステキです。
切花でよく流通していますし、ブーケなどにも良く使われていますよね。

茎を切ると白い液が出てきますが、
洗い落として挿し木にすると結構成功します。


ちょうど日付の変わる頃からすごい音をさせて雨が降り始めました。
開けてある窓から雨が振り込みそうな勢いでです。
夕方の水遣りを怠けたのでちょうど良かったけれど、
ちょっと大降り過ぎかな~。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
L.D.ブレスウエイト  (L.D.Braithwaite ) 
- 2008/09/13(Sat) -
IMG_7323_sh02.jpg

IMG_7318_sh01.jpg
L.D.Braithwaite  
David Austin (英) 1988年
シュラブ 1.0m×1.2m
Mary Rose × The Squire

1個だけしか咲いていない L.D.Braithwaite ですが、
この時期 ブログ更新には貴重な材料です。
David Austin氏も自信ありのこの真紅 如何でしょうか?
栄養不足なのか花弁数も少なめで
シンプル?・・  に咲いています。



この記事のURL | Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
アリスター ステラ グレイ
- 2008/09/12(Fri) -
IMG_7327_sh01.jpg

IMG_7325_sh01.jpg

IMG_7326_sh01.jpg
  
アリスター ステラ グレイ Alister Stella Gray
作出年 1894年
作出国 イギリス
作出者 A.H.Gray
系統 ノアゼット
別名 ゴールデン ランブラー
樹高 4m程度
花期 周年開花

クリーム色から白へ変化する優しい雰囲気のバラです。
5cm位の小さめの花で主張しすぎずお気に入りです。

植える場所も見つからないのでいまだに鉢植えのままですから
こうやって咲いた時には部屋から見える場所に移動できます。

なんて気休めを言ってますが
ゴールデンランブラーと言う別名もあるくらいですから、
いつまでも鉢植えと言うわけにもいかず どうした物かと頭を痛めているんです。



この記事のURL | Roses | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バラクライングリシュガーデン
- 2008/09/09(Tue) -
バラクラ イングリッシュ ガーデンに行ってきました。
この日の蓼科は雨がふったりやんだりと めまぐるしく天気が変わり、
バラクラ到着時には あいにくの雨で傘をさして園内を散策しました。

前にも数回行った事がありますが、
9月のバラクラははじめてです。

IMG_7273.jpg
大きなガゼボに囲まれた白いコナー
シンメトリーな植栽が美しく
今から展開する庭への期待にワクワクした場面です。


IMG_7274.jpg
ダリヤもこうして格調高く優雅に花を咲かせていました。



IMG_7280_sh01.jpg
中心部分の芝生周りのボ-ダー
ビビッドな花色で構成されていまが、
銅葉の植物とコラボのせいで落ち着いた秋色にも見えました。


                園内で今見ごろの花はダリヤでした。
                雨がひどくてゆっくり写真も取れませんでしたが。
                
                IMG_7282.jpg

                IMG_7285_sh01.jpg

                 IMG_7278.jpg



            IMG_7275_sh01.jpg
              大好きな白のエキナセアもたくましく元気です。
            IMG_7276_sh01.jpg
              ルドベキアも夏の名残にふさわしい。



IMG_7284.jpg
1番気になったのがこの花です。
コバノズイナ に似ているけどなんと言う花でしょうか?

追記
タズさんより 『サラシナショウマではないですか』 と言うコメントを頂きました。
タズさん いつもありがとうございます!




全般に暑い夏を耐えてきた植物はそれぞれに傷んでたり枯れたりしていましたが、
それも自然なことで 朽ちてゆく植物も良いと思える包容力が見る側には必要なんですね。
などと夫にはえらそうなことを言っておきました。

オールドローズのローズヒップがきれいに色付いていました。



IMG_7287_sh01.jpg
そして最後の締めくくりは 周りの森をも含めた庭全体を眺めながらのお茶です。




この記事のURL | お出かけ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
香粉蓮 (コウフンレン)
- 2008/09/06(Sat) -
IMG_7253_sh02.jpg

Xiang Fen Lian
コウフンレン・香粉連
系統:Ch
作出:1855年 フランス
剣弁咲きからロゼット咲きに変化します。
クラッシックな風情を漂わせるいい花です。


バラもボツボツと咲いていますが、
今の時期なかなかきれいな形では咲いてくれません。
四季咲きは秋バラのために剪定をするべきなのですが、
夏に葉を落としてしまっているので、
最小限にとどめています。

出てきた葉を大事にして体力をつけてもらわねば、
ますます貧弱になってしまいます。






この記事のURL | Roses | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハイビスカス  レッド フラミンゴ
- 2008/09/04(Thu) -
IMG_7239_sh01.jpg
                  
                   IMG_7241.jpg
ハイビスカス
コーラル系 レッド フラミンゴ

コーラル系の特徴
・夏中心に開花 フウリンブッソウゲの血を引く系統で、背が高くなり細い枝が良く伸びる。
・小さめの花が夏中心に良く開花する。
・耐暑性は強い、耐寒性は10度以上が望ましい。
ー趣味の園芸よりー


花は小さめで花弁にクリーム色の縞が入っています。
シベが変化して花弁のようになった2段咲きです。
つやつやした赤がインパクト大で目を引きます。


花友よりの頂き物なのですが、
耐寒温度が10度と言うことなのでで冬越しが心配です。


この記事のURL | 季節の植物 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
サンユウカ
- 2008/09/03(Wed) -
IMG_7223.jpg

                        IMG_7225_sh01.jpg
サンユウカ
キョウチクトウ科

7月中旬に買ったサンユウカ
そのときから絶え間なく咲き続けています。
特別な手入れもしないのに
暑さで葉っぱを落とす事もなく、
害虫に食べられる事もなく、
ほんとに元気です。


今日9月3日は、ドラえもんの誕生日なのです。
2112年9月3日ネコ型子守用ロボットとして生まれたらしいですよ。
何故に2112年生まれなのに今のび太家にいるのか?
「ドラえもんの誕生日」で検索するとなるほどと解ります。
そんな事言っても探す人はいないですよね。

ちなみに私も今日が誕生日、
めでたい事です。???

このめでたい日のニュースとして、
先程 居間のクーラーからポタポタと水が落ちてくるようになりました。
とりあえず下にボールを置いていますが、
壊れちゃたんでしょうか?

せめてちょっとは気を使って明日からにして欲しかった。




この記事のURL | 季節の植物 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
タマノカンザシ 玉の簪
- 2008/09/01(Mon) -
IMG_7226_sh01.jpg
           
                  IMG_7235.jpg
                        
                             IMG_7238.jpg

IMG_7236.jpg


タマノカンザシ 玉の簪
柔らかな黄緑色大きな葉が さわやかさを誘うホスタです。
強い日差しに葉っぱが痛んだところもありますが、
花はくっきりとした白さで今開花中です。

これは夕方5時半頃に撮ったものです。
夕刻に咲き始め周囲に良い匂いを放ちます。
今日はじめてタマノカンザシの美しさに気が付いたと言ってもいいかもしれません。
昼間はしぼんでしまうので見過ごしていたんですね。




この記事のURL | 季節の植物 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。