スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ホワイト 小さくスポット 強いて言えばsd
- 2009/02/28(Sat) -
P1010107_sh01.jpg

P1010105_sh01.jpg

セミ部分の小さめのフリルがこの花にはふさわしいかも知れません。
(豊かなフリルももちろん好きですけどね。)
ひっそりと控えめに咲いています。

いつもそばに置いておきたい花は
もしかすると、こんな花かもしれません。


スポンサーサイト
この記事のURL | Hellebores | CM(4) | TB(0) | ▲ top
クリーム ss ピコティ 少しフラシュ dn
- 2009/02/26(Thu) -
P1010091_sh01.jpg

はっきりしない天気が続いています。
明日も雨、それにとても寒いらしいです。

ヘレボも蕾を緩めるのをやめてしばらくの間フリーズしています。
ddか、sdか、ssなのか、その他もろもろを 早く確認したいのにね。

ほぼ推測できますが・・・
たぶん またssかな~!



今日のヘレボルスはクリームss
淡いイエローにも見えます。


この記事のURL | Hellebores | CM(4) | TB(0) | ▲ top
復活だといいな!
- 2009/02/25(Wed) -
P1010099_sh01.jpg
P1010101_sh01.jpg

3年ほど前に、バラを思わせる花弁の色と、
ほそーくピコッた白いラインに惹かれて、購入しました。
その後 株が思わしくなかったので、庭の隅っこに植えて様子を見ていましが
なんとか元気が出て来たようです。

シべの開き方も、あちこちに向いていて暴れん坊な感じですが、
そのあたりもチャーミング、
大好きな花です。



この記事のURL | Hellebores | CM(8) | TB(0) | ▲ top
ピンク dd
- 2009/02/24(Tue) -
P1010118_sh01.jpg
 
今日も重たい雲が垂れ込めて、スッキリしない天気です。
クリスマスローズは晴天の強烈な日差しの中ではぐったりしてしまうので、
今日のようなしっとりした曇りの日の方が綺麗かもしれませんね。

ごく普通のピンクですがすっきりと立ち上がって、
遠目には綺麗なんです。




この記事のURL | Hellebores | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ホワイトピコティ ss dn
- 2009/02/23(Mon) -
P1010085_sh01.jpg

            P1010062_sh01.jpg

2008年 開花株で購入

昨年購入時は小さな株だったので、
小さな花なのかなと思っていましたが、
今年も小さめに咲いてくれました。

いい子 いい子!


この記事のURL | Hellebores | CM(2) | TB(0) | ▲ top
淡いイエローss
- 2009/02/21(Sat) -
P1010044_sh01.jpg
            
               P1010043_sh01.jpg

淡いイエローです。
グリーンのネクタリーが健気にきっちりしべを守っています。

こんなシンプルな花如何でしょう?



この記事のURL | Hellebores | CM(6) | TB(0) | ▲ top
今日のヘレボルス
- 2009/02/19(Thu) -
P1000982_sh01.jpg

P1010071.jpg

P1010061_sh01.jpg
P1010074_sh01.jpg

写真のサイズを小さくすると、
何とかきれいに見えます。
これは以前からうちににあったものです。



2007年秋に通販で買った購入苗からの開花が始まっていますが、
なかなかイメージ通りの花は咲きません。
リスクは承知の上ですが、ちょっとね・・・・。

まだ初開花しそうな物もあるので、
その中には嬉しい物も出現するかも、
そんな淡い期待をもって頑張っている今日この頃です。(笑)



この記事のURL | Hellebores | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シャキッとしてます。
- 2009/02/17(Tue) -
P1010054_sh01.jpg

写真を撮るまでは気づかなかったのですが、
こうしてみると生き生きとした勢いが感じられて良い感じです。

平凡な花でも、ちょっと角度を変えてみると、
なかなかステキに見えるものですね。



この記事のURL | Hellebores | CM(3) | TB(0) | ▲ top
灰グレー
- 2009/02/16(Mon) -
P1000944_sh01.jpg
渋いグレーの蕾から、


P1000998.jpg

こんな花が咲いています。
まだ背丈が充分ではないので、株元に咲いていますが、
毎年立ち上がって来ると良い姿になってくれます。

この色 結構好きです。




P1000916_sh01.jpg
以前アップしたバイカラー×グリーンフラッシュですが、


P1000997_sh01.jpg

開花とともに変化しています。
固まっていた紫の色素が全体にいきわたった感じです。
そのぶんバイカラーのコントラストは
おとなしくなってしまいました。



この記事のURL | Hellebores | CM(4) | TB(0) | ▲ top
アプリコットss フラシュ
- 2009/02/15(Sun) -
P1000989_sh01.jpg
P1000986_sh01.jpg

昨年 神代植物公園のクリスマスローズ展で購入
購入当時2本だった花茎が今年は沢山上がってきて、
なかなか強健種のようです。

ダブルのどれかと交配してみようかな!


この記事のURL | Hellebores | CM(4) | TB(0) | ▲ top
今日のヘレボルス
- 2009/02/14(Sat) -
P1000947_sh01.jpg
ヒデコートダブル レッド サン と名前がついていました。


P1000940_sh01.jpg
濃いピンクsd
今年はセミ部分が小さめ、残念!


P1000943_sh01.jpg
バイカラーdn

今日は暖かというよりは暑いと感じる日差しでした。
庭の鉢植えを並べ替えたり、掃除をしたり、
久しぶりに庭仕事をのんびり楽しむことが出来ました。

咲き進んでいる株、まだ蕾のを大事そうに包んでいる株、
いろいろですが、ヘレボの季節も中盤に入った感じです。




この記事のURL | Hellebores | CM(4) | TB(0) | ▲ top
グリーンdd×ピンクdd
- 2009/02/13(Fri) -
P1000972_sh01.jpg

グリーンdd×ピンクddの苗から咲きました。

グリーンdd×グリーンddを買うべきだったのに、
今となっては何故この交配を買ったのか?です。

でもシックな感じのピンクなのでOKとしましょう。



     
この記事のURL | Hellebores | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クリーム SS DN
- 2009/02/12(Thu) -
P1000953_sh01.jpg

P1000954_sh01.jpg

お気に入りのクリームです。
一つ一つの花は別にどってこともないのですが
毎年同じように早咲きで、気が付くとたくさんの花を持っています。
隅っこに置いてあって、ひっそりと寂しげなので、
もっとメインの場所に移動しようかな。

しかし鉢が重いのでヒョイと運べません。




                P1000951_sh01.jpg



この記事のURL | Hellebores | CM(2) | TB(0) | ▲ top
極小カップ咲きのステキな花です!
- 2009/02/11(Wed) -
P1000963_sh01.jpg
               
       P1000971.jpg


ヘレボの先輩のところから長旅を経て我家に来ました。

今まで見た事がないくらいに小さくて可愛いです。
写真ではうまく伝わりませんが、
色もブルーおびた深い紫でとても上品な風情です。

大切に育てます。
ほんとに有難うございました。



この記事のURL | Hellebores | CM(4) | TB(0) | ▲ top
多花ですが・・・・。
- 2009/02/11(Wed) -
P1000961.jpg

背丈がまだま低いので葉うずもれて咲いています。
しかもうつむき加減なので、
引っ張り出して撮りました。

いろんな方のサイトで、立ち姿の良いパーフェクトな花を見て
『君も せめて すくっと立ち上がったら!』
と無理な注文をつけています。


P1000960.jpg

                P1000957_sh01.jpg




この記事のURL | Hellebores | CM(4) | TB(0) | ▲ top
淡いピンク
- 2009/02/09(Mon) -
P1000908_sh01.jpg

           P1000905_sh01.jpg

                
淡いピンクの1番花が咲きました。
一番外側の花弁の色が気になります。
暖かくなったら昨年のようにきれいに咲いてくれることを期待して、
待つことにしましょう。



この記事のURL | Hellebores | CM(2) | TB(0) | ▲ top
バイカラー×グリーンフラッシュ
- 2009/02/08(Sun) -
P1000915_sh01.jpg

P1000916_sh01.jpg

昨年高○種苗よりの購入苗から、
こんな花が咲きました。
バイカラー×グリーンフラッシュと書いてあります。
その後植え替え等で、差し違えがなければですが。

確かにバイカラーではありますが、
花弁裏側の紫の出方が・・・・・?
こんな感じもありなんでしょうか?
フラッシュはしっかり出てくれました。

丸さ加減も可愛いのでお気に入りに入れておくことにします。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
そーっと持ち上げてみたら・・・。
- 2009/02/07(Sat) -

IMG_8188.jpg
鉢の縁に寄りかかっていた重そうな蕾が、



P1000871_sh01.jpg
何とか日差しを求めて立ち上がってきました。



P1000872_sh01.jpg
そーと細い棒で持ち上げてみたら、
しっかり物の顔をしたこんな花でした。


この記事のURL | Hellebores | CM(4) | TB(0) | ▲ top
小さく可憐な花です。
- 2009/02/05(Thu) -
P1000890_sh01.jpg

            P1000891_sh01.jpg

昨年サンシャインの横山さんコーナーで買った物です。
花弁が破れていますがこれはホジホジの結果ではありません。
とても小さな花、濃い紫のネクタリー、
そんなところが気に入っています。

今年は3本の花茎が上がってきそうです。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ベティーラニカー
- 2009/02/04(Wed) -
P1000869_sh01.jpg

もうずいぶん前になりますが、野田さんで買ったベティーラニカーです。
うつむいて咲いてしまうので、今日はヨイショッと
隣の蕾を支えにして撮りました。




P1000896_sh01.jpg

P1000901_sh01.jpg

この 白ssも同じときに野田さんで買った物で、
今のところ15cmぐらいの高さで咲いています。
シンプルでどこにでもありそうな花ですが、
私としては気に入っています。

どちらもはじめてナーセリーに行った頃を思い出させてくれる
しみじみ用のヘレボルスです。

れいにさん~
「しみじみ用」 使わせていただきました!



この記事のURL | Hellebores | CM(2) | TB(0) | ▲ top
今日のヘレボルス
- 2009/02/03(Tue) -
風は強かったけれど今日は日差しが暖かく感じられました。
あと少しで咲きそうな今日のヘレボルスです。

IMG_8201.jpg
自分で蒔いた種からの蕾です。
ちょっと嬉しいかも・・・です。


IMG_8194_sh01.jpg
昨年買ったヒラヒラ花弁の淡いピンク今年はどんな感じに咲いてくれるかな?



この記事のURL | Hellebores | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ヴェネツィア 2
- 2009/02/02(Mon) -
サンマルコ広場でツアーのみんなと別れて、
運河の散策をしました。

P1000757.jpg

              P1000754.jpg

ヴェネツィア は6世紀頃に湿地に杭を打った人工の浮島から始まった。
建物の基礎はカラマツの木杭でその上に石を積み上げて建物を支えている。

12世紀頃から本格的建設がはじまり16世紀にはほぼ今の形が出来上がったようです。
カラマツの杭がその後腐らずに今も建物を支えていると言う事がほんとに不思議です。

散策していると
「ゴンドラに乗ってヴェネツィアを楽しんだら!」
(たぶんそう言っていると思う)
と言う感じで声がかかります。




P1000781.jpg

ドゥカーレ宮殿
東地中海最強の海軍国家として、
アドリア海沿岸の都市のほぼ全てを支配下においたヴェネツィア共和国の総督の住居、
政庁、裁判所がありました。
その権力の絶大さを思い知らされる大迫力の宮殿でした。
特に「謁見の間」と「元老院の間」

なぜか ヒエロニムス・ボスの画もありました。


そして順路に沿って迷路のような暗い細い通路を進むと石作りの牢獄が延々と続いていて、
観光客もあまり居なかったせいもあり、
獄につながれた罪人のうめきが聞こえてきそうで不気味でした。




その後アカデミア美術館に行ったのですが、
ここで夫とはぐれてしまいました。
美術館では順路に沿って進めばはぐれても別にどおってこともないのですが、
ドゥカーレ宮殿の迷路の底にあった牢獄の印象が残っていて、
ちょっと不安でした。

ベッリーニ、ティツィアーノ、ティントレット等々の
ヴェネツィア派の傑作絵画の多さに最後の方は頭がクラクラしてきました。



もっとのんびり見たかった!




IMG_8169.jpg
水上バスでリアルト橋へ


IMG_8178.jpg
夕暮れのリアルト橋

リアルト橋付近で、夜になるまでお茶をしたり買い物をしたり・・・
旅も最後なのでちょっと寂しい気分にもなりました。



次の日はミラノのマルペンサ空港より帰国です。
帰りの飛行機も空いてたので一人3席が用意されていて、
とてもラッキーでした。


もし読んでくださった方がいらしゃいましたら、
長い事 どうも有難うございました。




この記事のURL | 北イタリアの旅 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。