スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
オランダカイウ(湿地性カラー)
- 2009/04/29(Wed) -
IMG_8304.jpg

今のところ1個ですが
今年はどのくらい咲いてくれるかな?

ボタニックガーデンで水辺でワイルドに咲いているカラーを見て以来
置き場所を水道近くにして水遣りをたっぷりにしています。

葉の様子もいいので今から楽しみです。



スポンサーサイト
この記事のURL | 季節の植物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
寒河江とゲラニウム
- 2009/04/28(Tue) -
IMG_8299.jpg

ナツツバキの足元に植えてある寒河江、
ダイナミックに葉を広げています。
なるべく広い場所ににと、この場所に植えてあった中型タイプの
ハルシオンやソースィート
を移動させ植え込みました。



IMG_8283_sh01.jpg

IMG_8249.jpg

IMG_8288.jpg

クロバナフウロウや名前不明のゲラニウム
この儚げな感じがなんともいえません!




この記事のURL | 季節の植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ティアレラ
- 2009/04/27(Mon) -
IMG_8267_sh01.jpg

ティアレラ
シュガー&スパイス
地味め庭に優しい色で雰囲気を添えているティアレラです。
花とは対照的に葉はダークな部分がくっきりとしていて
なかなか個性的、花後も充分楽しむことが出来ます。





              IMG_8271_sh01.jpg
              
              ティアレラ
              スプリング シンホニー
           
              ティアレラの中では、一番花つきが良い品種で
              ふわふわした花穂がとても可愛い。
              こちらは鉢植えですが株も充実して、
              うちの庭の条件にぴったりのようです。
              

  

今日は夕方からとても寒くなりました。
明朝は格段に冷え込むとか、
昼間の日差しはとてもきつくて、地植えの植物さえ
ぐったりしていた物があったのに、不思議です。


この記事のURL | 季節の植物 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
シラー
- 2009/04/25(Sat) -
IMG_8263_sh01.jpg

IMG_8243_sh01.jpg

シラー カンパヌラタ
ユリ科
植えっぱなしで毎年咲くシラーです。
ティアレアやこぼれ種からの忘れな草(白)
とコラボして釣鐘型の優しい花を今咲かせています。


この記事のURL | 季節の植物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
クレマチス モンタナ ‘スノーフレーク’
- 2009/04/24(Fri) -
IMG_8252_sh01.jpg

                 IMG_8253_sh01.jpg


以前はモンタナルーベンスがラティスを覆っていましたが、
強剪定をしたせいか、パタッと枯れてしまいました。

アーマンディをやっていた時期もあったのですが、
2階のベランダに届くようになった頃に、こちらもパタッと枯れてしまったのです。

そんな時のために私の場合は挿し木苗の予備を用意しておく必要がありそうです。

いつもはもじゃもじゃと伸びてゆく蔓をもてあましているのですが、
開花を迎えると窓を開けるのが楽しみです。
まだ誰もおきていないだろう早朝は寒さの残る新鮮な空気が清々しく、
それを独り占めできる気がしてコーヒーを片手にひと時庭に出て幸せな気分に浸ります。

そしてみなが活動し始める頃に眠くなって・・・。
早寝しないといけませんね。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
日陰にも春が。
- 2009/04/23(Thu) -
P1010566_sh01.jpg

P1010523.jpg

P1010528_sh01.jpg

P1010525_sh01.jpg

P1010529_sh01.jpg

P1010560_sh01.jpg

ホスタとオールドローズの優しいグリーンが日々面積を広げて、
味気なかった地面を覆ってきました。
山芍薬の丸い蕾は今にもホロリと開きそう。
ホウチャクソウのたたみこまれた蕾からは黄色の花が見え隠れしています。
瞬く間に青虫の餌食になって穴だらけになるオダマキの葉っぱも
今はビロードの輝きです。
こぼれダネからのローンデイジーも日陰の方が優しげです。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
ラナンキュラス
- 2009/04/22(Wed) -

 P1010541_sh01.jpg
                    P1010543_sh01.jpg


今年もラナンキュラスが咲きました。
2年目で少々気が緩み1番いい時の写真を撮り損ねてしまいましたが、
何とか持ちこたえています。
2年前に買った球根はミックスだったので昨年はこれに真っ赤な花も加わっていました。

あまりにも派手だったのでその真っ赤の球根だけは除いたのですが、
それでも今年も充分派手です。

一寸派手すぎ!

球根は怪獣の手のような(とても小さいですが)
奇妙な形なのです。
球根の形とこの派手な花のギャップが面白くて、
ついつい球根を保存してしまいます。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
コンフリー
- 2009/04/22(Wed) -
P1010447_sh01.jpg

ドワーフコンフリー(ムラサキ科)
白と薄いブルー筒状の花と
蕾のエンジのグラデーションが不思議なハーモニーを作ります。
株全体は野菜のようにボワボワと大きいのですが
覗き込んでその繊細さに見入ってしまいます。



P1010442_sh01.jpg P1010446_sh01.jpg


P1010552_sh01.jpg

今は咲き進み花をハラハラと落として、
トゲトゲした魚の骨のような残骸をつけて、
ワイルドな一隅を作っています。

此花は花友達にも人気があって、
毎年スコップでズコッと大胆に株分けしているんですが、
先日もそのお返しにとクレマチスの挿し木苗(気になっていた品種)
を2個も頂きました。

そんな訳で、毎年いい仕事をしてくれるコンフリーでした。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クィーンオブナイト
- 2009/04/20(Mon) -
P1010535_sh02.jpg
         
          P1010508_sh02.jpg

今年のチューリップはクィーンオブナイトです。

高さのあるスラリとした姿で1球につき2,3個の蕾を持ちました。
買ったときの袋には写真もなく名前のイメージだけで購入しましたが、
なかなか素敵な色合いです。


この記事のURL | 季節の植物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
プリムラ・プベスケンス
- 2009/04/17(Fri) -
P1010520_sh01.jpg

昨年買ったプリムラ・プベスケンスが株を大きく成長させ、
沢山咲いて来たのに気をよくして、4種類を購入しました。

花友というか園芸の先輩のお世話で長旅をして我家に届きました。
しばらくそのままで様子を見て、勢いが出てきたところで植え替えました。

何年か前にも挑戦した事があったのですが、
いつも綺麗な葉っぱなのだけど、どうしても花がつかないといった状況でした。

でも今回は自信もついたし、
2鉢咲かせただけなんですけどね、

頑張ってみます!



この記事のURL | 季節の植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ティアレラ
- 2009/04/16(Thu) -
P1010500_sh02.jpg

ユキノシタ科 ティアレラ
ウェリー


             P1010503_sh02.jpg
                
             スプリング シンホニー   
              

今年も大好きなティアレラのシーズンです。
花のない時期でもカラープランつとして楽しむことが出来ますが、
花もとても素敵なんです!
植えて3年目になりますが、
株も充実してきて、花穂を次々に上げてきます。

5種類のティアレラを植えてありますが今この2種類が咲き始めました。
狭い庭なのですが、空いたところはティアレラで埋めると言った感じで、
同じ品種を何株もとずいぶん贅沢をさせているかもしれません。
これもシェードガーデンにはぴったりなのです。


この記事のURL | 季節の植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
シラユキゲシ
- 2009/04/15(Wed) -
P1010487_sh01.jpg

                P1010492_sh01.jpg
ケシ科 シラユキゲシ

昨年花友から頂きました。
スリット鉢で管理しながらどこに植えようかなと思いつつ、
このあたりかな!と思うところに置いていたところ、
根っこが外に出てきて地面に入り込みそこから成長して沢山綺麗な葉を展開させました。
そしてこんな可憐な花を 今咲かせています。
シェードガーデンにぴったりの植物みたいですね。

このあたりにシラユキゲシを・・・と思うときにはスリット鉢ごと置いておけば
きっとそこにも増えてきそうです。

葉は蕗の葉のような形で美しく、
花は黄色のシベがとても目を引きます。
英名ではスノーポピー(snow poppy) と言うようです。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ブルンネラ ジャックフロスト
- 2009/04/13(Mon) -
P1010472_sh01.jpg

P1010479_sh01.jpg
ムラサキ科のブルンネラ ジャックフロスト

我家のような日陰の庭ににぴったりの植物です。,
植えて3年目ぐらいでしょうか、
少しづつですが株を大きくしています。

忘れな草に似た小さな青い花を咲かせてます。
それに白い模様の入った涼しげな葉が、グランドカバーにぴったりです。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
平凡ですが・・
- 2009/04/11(Sat) -
P1<br />010435_sh01.jpg

今年はビオラはこの色だけです。
なるべく黒に近い固体をと思ったのですが、
やっぱり紫っぽいですよね。

たまには女らしい作業もしてみようと・・・
壁に掛けてあります。




この記事のURL | 季節の植物 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
レディジェーン
- 2009/04/11(Sat) -
P1010467_sh01.jpg
                 
                P1010470_sh01.jpg

植えっぱなしで2年目です。
昨年よりは花数は多くなった気がしますが、
そのぶんだけ小ぶりになったようです。
でもこれもいいかなって思います。

パステルカラーのピンクがちらちらと見え隠れして
すごくチャーミングな原種チューリップです。
此の時期いろんな方のブログにも登場していて、
きっとみんな好きな花なんですよね。

来季は白で中心部分が濃いブルーの'Alba coerulea oculata'
を是非咲かせたいな。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
発芽苗のポット上げ
- 2009/04/10(Fri) -
P1010484.jpg

P1010480_sh01.jpg

今年は本葉の2本目が小さく見えたところで
ポット上げをしています。
昨年は4月1日頃にやったのですが、ちょっと小さいかなー と思った苗も、
エーイ 面倒だと一挙にやってしまったのです。
その時 小さいかなー と思った苗はそのひ弱さを今になっても引きずっているので、
今回はしっかり様子を見ながらやっています。

頂いた種と自分交配のものと今のところ60個です。
チビさんたちは新しい独立した住居を得て満足そう~
これから元気に育って22ヵ月後ぐらいには
すばらしい花を咲かせてくれるに違いない・・・・・と思っています。

だといいな!

この記事のURL | Hellebores | CM(2) | TB(0) | ▲ top
エロデューム 
- 2009/04/09(Thu) -
P1010459_sh01.jpg

○さんのハウスで昨年購入した白地にくすんだピンクのブロッチがオシャレなエロデューム  
今年も綺麗に咲いています。
最初に見たときにはこのピンクの部分が気になったのですが、
これが個性となりキュートな雰囲気を出しているんだと思います。

結構 気に入っています!



この記事のURL | 季節の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
タリア
- 2009/04/08(Wed) -
P1010424_sh01.jpg

            P1010421_sh01.jpg

タリアが咲いています。
なんと美しい事か!

球根はとても安価だったと記憶していますが、
気に入りました!



この記事のURL | 季節の植物 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
プルモナリア
- 2009/04/07(Tue) -
P1010406_sh01.jpg
      
      P1010381.jpg
ブルーエンサイン



P1010407_sh01.jpg
ロンギフォリア



P1010387_sh01.jpg
ダイアナクレア



P1010409_sh01.jpg
オパール


ムラサキ科のプルモナリア、
我家のような半日陰の庭に最適な植物です。
斑入りの葉の美しい物やシルバーリーフの物もあり(ダイアナクレア等)
花のない時期も、充分観賞価値があるように思います。
葉には細かい毛が生えたようになっていて、
下葉などの整理の時には手袋が必須です。
いつぞやはそれが皮膚に沢山刺さってしまいえらい事になってしまいました。
(昨年もこのことを書いた気がしますが。)
トラウマとなっているようです。

犯人はオパール君でした。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
プリムラ・プベスケンス
- 2009/04/06(Mon) -
P1010426_sh01.jpg

      P1010432.jpg

昨年園芸店で咲き進んでセールになっていたプベスケンスを購入しました。
夏の間は朝日だけが少しあたる場所に置いて、
秋以降は日当りのいい場所で管理していたら、
渋々系のシックな花が沢山咲き始めてました。

こんな花茎が株の2~3箇所から上がってきそうで、
予想外の成果にびっくりしています。

「オーリキュラ=Auricula」と呼ばれるためにいろいろな美しさの条件を満たすことが必要のようですが
これはこれで充分可愛いです。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
チオノドグサ
- 2009/04/05(Sun) -
P1010339_sh01.jpg
ルシリアピンクジャイアント


P1010399_sh01.jpg
ギガンティア

丈は10から15cmぐらいの小さな可愛い花です。

この他にルシリヤホワイトと言う品種も植えたのですが、
球根の植え付け時期が遅かったので
まだ芽が出始めたばかりです。
それでピンク、ブルー、ホワイトの三色同時に
と言うわけにはいきませんでした。


この記事のURL | 季節の植物 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ダブルプリムローズ
- 2009/04/04(Sat) -
足踏み状態だった春もいっきに進んだ感じで
今日は暖かい穏やかな1日でした。

P1010404_sh01.jpg
       
      P1010405.jpg

甘さ抑えめのピンクが可愛いダブルプリムローズ
大鉢にこぼれんばかりに咲いています。


P1010400.jpg
      
      P1010352_sh01.jpg

こちらも白いダブルプリムローズ、
毎年元気に咲いてくれて、
この時期なくてはならない素敵な花です。
先日おぎはら植物園から届いたブルーサファイヤも大事に育てて、
大鉢いっぱいに咲かせようと思っています。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
サクラソウ
- 2009/04/02(Thu) -
P1010354_sh01.jpg

P1010356_sh01.jpg

こぼれダネで育った桜草が、庭のあちこちで、優しい花を咲かせています。
でも昨シーズンよりは少ないかな。
狭い庭なのである程度咲いてしまったら我慢できずに処分してしまうのですが、
この時期になるともっと種が沢山飛ぶまで置いておけばよかったと思ってしまいます。
自然な庭を保つためにはそういった我慢も必要ですよね。


この記事のURL | 季節の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。