スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
アスチルベ & SADE
- 2009/05/30(Sat) -
 P1020442_sh02.jpg
 アスチルベの穂が白く変化を始めました。
 このグラデーション綺麗です!

                     P1020449_sh03.jpg

今日は霧のような細かい雨の合間にアーチのつるバラの剪定をしました。
ゴミだし用の袋3個がいっぱいになり、スッキリしたのですが、

何か虫に目の近くを刺されたみたい。
今見事に腫れています。
顔を刺されるなんてはじめてです。

明日はお呼ばれの食事会なんですけど・・・。ハー・・・

まー いいか!
覆面じゃなくて眼帯でもして行きます。

そんなこんなで 今日の1曲
シャーデーの 「 By Your Side」
雨の日にはしっとりとこんな曲で・・・。


この記事のURL | 音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アマリリス と C.C.R
- 2009/05/30(Sat) -
P1020416_sh01.jpg
最終処分品で買ったアマリリスが咲きました。
デッカイ花です。15cmぐらいありそうです。
 
しかーし

全体で見ると1.5等身で咲いちゃいました。


P1020419_sh02.jpg
やっぱり最終処分品だったから?
 
              P1020423_sh01.jpg
              横顔もなかなか可愛いでしょう?

                           P1020424_sh01.jpg
                           株元には後2個蕾があるんですけど、
                           それは普通に咲いてくれるでしょうか?



好きかと聞かれたら、微妙なとこだなーと
思っていたのですが、こうして写真をいじりまわしていたら
愛着が湧いてくるものですね。
可愛く思えてきましたから。



今日も細かい雨の1日でしたが、明日も午後は雨だとか。
そんな雨にふさわしい曲を見つけてきました。

C.C.R.の「Have You Ever Seen The Rain?」
特にようすけさん聞いてね!

余談ですが ではないんだけど、
このテンプレートの設定でこうなっています。
↓もし暇があったら開いてみてくださいね。

この記事のURL | 未分類 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
マービン ゲイ
- 2009/05/29(Fri) -
IMG_8503_sh02.jpg
ドイツ
1909年
J.C.Schmidt
系統 ランブラー
別名 ブルーランブラー

今日も雨でしたね。
明日も関東は雨模様のようで、庭遊びも儘なりません。
壁に誘引のブルーランブラーです。
此花は咲き始めより開花が進み散りはじめの頃が、
青みが強くなり魅力が増すように思います。


雨続きの日々の暇に任せて、
ずーっと昔好きだったマービン ゲイを探してみました。


この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ドロシ- パーキンス
- 2009/05/28(Thu) -
「バラはもういいよ!」 といわれそうですが、
そぼ降る雨の中の続きです。

このドロシーが咲くとオールドローズ1季咲きのシーズンはそろそろ終わりです。
そしてドロシーが咲く頃には決まって雨だったような気がします。


IMG_8513_sh01.jpg

IMG_8497_sh01.jpg

IMG_8494_sh01.jpg

IMG_8496_sh01.jpg

IMG_8498_sh01.jpg

ドロシーの甘いピンクと傍に植えてあるブルースターの水色が
家主にはまったく似つかわしく ない ロマンチックな小さなコナーを作りました。


この記事のURL | 2009 Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
フランソワ ジュランビル
- 2009/05/28(Thu) -
ぼんやりしている間に庭入り口のアーチのバラも終わりそうです。
雨のそぼ降る中 撮ってみました。

IMG_8456_sh01.jpg
フランソワ ジュランビル 
フランス 1906年
Barbier
系統 ランブラー 5m


              IMG_8460_sh01.jpg
               マダムアルフレッドカリエール
               フランス 1879年 J.Schwartz
               系統 ノアゼット
                


IMG_8461_sh01.jpg

               IMG_8466_sh01.jpg
               フェリシテ ペルペチュ  
               フランス 1827年 ランブラー




IMG_8472_sh01.jpg
ジュランビル


この雨が上がったら花柄摘みと古くなった枝の剪定をするつもりです。
昨年はあまり剪定せずに、自然に任せてみました。
そのためペルペチュなどは隣の木の間に沢山枝を伸ばして、
アレッと思うところにも花見せていました。
それはそれで魅力的なのですが、これ以上放置すると収拾がつかなくなりそうです。


この記事のURL | 2009 Roses | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ダークな色の矢車草
- 2009/05/27(Wed) -
P1020341_sh01.jpg

            IMG_8480_sh01.jpg
まだまだ咲きはじめで 花はポツポツとですが、
ダーク系の矢車草です。



                   P1020272_sh01.jpg
                    ガリカのリシュリューとリシマキア ボジョレー


IMG_8484_sh01.jpg
クロバナフウロ


IMG_8490_sh01.jpg
アオバナフウロ

                    P1020367_sh01.jpg
                    昨年高芽挿しで作った苗から、
                    背丈の小さいジキタリスが咲きました。
                    うちの庭にはこのくらい低めの方がいいと思います。







この記事のURL | 季節の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ようすけさん お夏さんへ AI情報
- 2009/05/27(Wed) -
今年の AI season_8 が終わりました。
私の見ることが出来る FOXHD ではライブより3~4週間遅れなので、
まだファイナルまで行ってっていないのですが、
Jウエーブのミナミ ミブさんの放送で優勝者の名前を聞いてしまいました。
敢えて調べないようにしていたけど、
FOXHPで見てきました。
本命を予想されていた アダム を退けて、
ちょっと地味目の クリス アレン が選ばれたそうです。


そこで クリス の声を聞いてみてください。

kris allen の performances 「Ain’t no sunshine」
 この曲はスティングやレニー クラビッツもカバーしていて聞き比べてみたけど、
 クリスのアレンジはなかなかいいと思います。

kris allen の performances 「She works hard for her money」

kris allen の performances 「What’s going on」

ベスト8ぐらいに歌った 「Ain’t no sunshine」 を聞いて
これはちょっといけそうだな!と思って以来注目してました。
自分の好きな曲に反応するって事も大いにあると思うんですけどね。

「She works hard for her money」 なども後半の雰囲気が結構気に入ったんだけど、

聞いてみて下さい!!!!

この記事のURL | 未分類 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
デュセス・ダングレーム Duchessse d Angouleme
- 2009/05/27(Wed) -
P1020238_sh01.jpg

デュセス・ダングレーム Duchessse d Angouleme
フランス
1821年 
Vibert 
系統 ガリカ
別名ワックスローズ
樹高は低めで、強健種

条件の悪い場所に地植えしたため、
調子は最悪です。
救済必要のため記事にしておく。


 

この記事のURL | 季節の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
原種系
- 2009/05/26(Tue) -
IMG_8317.jpg
ロサ キネンシス アルバ
系統 sp
(チャイナに分類されている本もあります。)
原産地 中国


P1020093_sh01.jpg
ロサ ガリガ ベルシコロール
系統 sp
16世紀以前に発見
別名 ロサムンディ
ロサ ガリガ オフィキナリスの枝変わり


P1020092_sh01.jpg
ロサ ガリガ オフィキナリス
系統 sp
紀元前より栽培
地中海沿岸~中近東



P1020314.jpg
オフィキナリスとオフィキナリスの枝変わりのベルシコロールを
隣り合わせに植えました。
オフィキナリスの濃い赤は強烈過ぎると思いつつ
古来より薬草として栽培されていたらしい此花の歴史を尊重して、
育てています。
ワイルドな展開の2品種です。




この記事のURL | 2009 Roses | CM(0) | TB(0) | ▲ top
 Florence Delattre     
- 2009/05/25(Mon) -
P1010930_sh01.jpg

P1020032_sh01.jpg

P1020036_sh03.jpg

Florence Delattre     
フランス
作出年 1997年
作出者  Guillot
系 統  シュラブ
樹 形   横張り性
樹 高   1.2m~1.5m
低めのオベリスクやトレリスにも向く

昨年の「国バラ」で購入しました。
幻想的な色彩で ふんわりとしたロゼット咲き、
3~4輪が房咲きになり、良い香りがします。
耐病性もあるようで、今年も快調です。

このラベンダー色のバラを今も溺愛中
居間からも1番見えやすい場所においてあります。



この記事のURL | 2009 Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
マダム イザーク ぺレール Mme Isaac Pereire
- 2009/05/25(Mon) -
P1010945_sh02.jpg

P1010947_sh01.jpg

フランス
1881年
作出者 不詳
系統 ブルボン
樹高 2m程度
小さな鉢植えのため何度も水不足を起こして
奇妙な姿ですが、来季のための記録として残しておきます。
鉢増しをするべきか何処かに地植えにするべきか検討中。



この記事のURL | 2009 Roses | CM(0) | TB(0) | ▲ top
サマースノー Summer Snow
- 2009/05/24(Sun) -
P1020140_sh01.jpg

P1020141_sh02.jpg

サマースノー  Summer Snow
アメリカ
1936年
Couteau
系統 クライミング
樹高 4m程度

クライミングのサマースノーをアーチに収めるのは、
無謀だった気がします。
伸びて来るシュートを最小限にして何とかアーチに沿ってくれました。



P1020138.jpg

アーチの足元に植えてあるブルボンのルイーズ オジェ
晴れやかなピンクが甘すぎますか?

この記事のURL | 2009 Roses | CM(0) | TB(0) | ▲ top
フランネル フラワー
- 2009/05/24(Sun) -
P1020357_sh02.jpg

P1020360_sh01.jpg

一季咲きのフランネルフラワーです。
購入して3度目の花を見る事になります。
花はこうしてきれいに咲いていますが、
葉っぱの下葉は黄色くなり枯れ落ちています。
花後に剪定したいのですが下には葉がありませんから
剪定場所が迷うところです。
葉っぱがないところで切ってしまってもいいのでしょうか。
ただの棒状態になってしまうのですが???

四季咲きの方は植え替えようとしたら殆んど根がなく、
ダメにしてしまいました。
残念!



この記事のURL | 季節の植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
シャルル ド ミル Charles de Mills
- 2009/05/24(Sun) -
P1020335_sh01.jpg

P1020349_sh01.jpg

作出年 16世紀以前
系統 ガリガ
樹高 1,5m程度
クオータ咲き

オールドの中では比較的大き目の華やかな整った花が咲きます。
しかし枝は細めなので、花の重さでいろいろな方向に枝垂れて咲いています。
隣に植えてあるジュノーも一緒に枝垂れ組です。
樹勢も強くたくさんの花を咲かせてくれますが、
今日のような雨の日には可哀想な姿になっています。


P1020209_sh02.jpg

P1020211_sh01.jpg
               

以前アップしましたが隣に植えてあるジュノー、
枝垂れ組ではありますが花の美しさはたとえようがありません。



この記事のURL | 2009 Roses | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バフ ビューティ Buff Beauty
- 2009/05/23(Sat) -
P1020309_sh01.jpg

P1020052_sh01.jpg

バフ ビューティ Buff Beauty
イギリス
1939
Ann Bentall 
系統 ハイブリッドムスク
中輪 カップ咲き
繰り返し咲き
強香
樹形 半つる性 300cm

蕾、咲き始めはくすんだオレンジですが、
咲き進むと下のような淡い黄褐色に変わります。
このふんわり暖かさの残る優しい色が好きです。

鉢で育てていた時にはほんとによく咲いていたのですが、
半日陰に地植えのためかポツポツとしか咲かなくなりました。
黄色系は意識的に入れないようにしているので
この程度で丁度いいかな。


この記事のURL | 2009 Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ツユクサ
- 2009/05/21(Thu) -
P1020155_sh02.jpg

数日前に散歩ついでによく行く園芸店で
明るい黄緑色の葉が美しいツユクサの苗を見つけてかってきました。
日陰の空いた場所に植えておいたら、
今朝とても可愛い花が咲きました。


P1020290_sh01.jpg

あんまり可愛かったので、
今日も散歩に行き、もう1株買ってきました。
同じ明るい黄緑色のホスタと一緒に写真を撮って、
なんて綺麗なんだろうと見ていました。

150円の幸せな時間です。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
アークトチス グランディス Arctotis grandis
- 2009/05/21(Thu) -
P1010978_sh01.jpg
P1010976_sh01.jpg
アークトチス グランディス
Arctotis grandis
英名  African Daisy
和名  ハゴロモギク
キク科
原産地  南アフリカ

おぎはら植物園からの苗が開花中です。
青みがかった白い花で中心のグレイを帯びたブルーが美しい。
シャープな花弁もなかなか、シルバーリーフの質感もGoodです。

以前育てた時も夏越しが難しかったので、
今を充分楽しむことにします。




この記事のURL | 季節の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バーバスカム
- 2009/05/21(Thu) -
P1020267_sh02.jpg

             P1020201_sh02.jpg

P1020156_sh02.jpg

P1020270.jpg

バーバスカム
コマノハグサ科
 
サザンチャームだと思いますが、
お尋ねするのを忘れてしまいました。

スリット鉢に植え替えをして、
このあたりに咲いて欲しいかなという場所においてあります。

コンパクトでうちの庭にぴったりサイズ、
花色も微妙に異なっていてそれぞれを楽しむことが出来ます。
気温によっても花色を変えるという説明も見かけたので、
今後も楽しみです。
花後に切り戻せば脇枝から又咲き始めるようです。

Aさん ありがとうございます。
すごーく 気に入ってます。

傍には白フウロウとティアレア
ちょっといい雰囲気!

この記事のURL | 季節の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
グレチャー Gletscher
- 2009/05/20(Wed) -
P1020181_sh02.jpg

P1020152_sh01.jpg

グレチャー Gletscher
1955年、Kordes、ドイツ
四季咲き、微香、花径7cm、高さ1.0m×幅0.8m
ロゼット咲き

今年の『国際バラとガーデニングショー』で購入。

以前京阪園芸でこれを注文しようとしたら売り切れで
その時の残念な気持ちを引きずっていたようです。
ペレニアルのコナーで見付けて購入しました。
少しの蕾を残して咲き終わりの花ですが、
記録のために残しておきます。

--クラシカルな花型が美しいラヴェンダー色のバラ
ラヴェンダー系の銘花で「たそがれ」の親にもなった古品種です。
クラシカルな雰囲気の花は大きめの房咲きになり、
満開の時はとても見事です。
枝は強い横張り性のため、鉢で栽培する場合は内芽で剪定すると良いでしょう。
その美しい花型や花色が注目される、近年話題の品種の一つです--

ペレニアルの説明より


この記事のURL | 2009 Roses | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ランブリングレクター Rambling Rector
- 2009/05/19(Tue) -
P1020229_sh01.jpg

P1020231_sh01.jpg

P1020055_sh01.jpg

ランブリングレクター Rambling Rector
系統 ランブラーローズ

半八重の可憐な小輪が房咲きになります。
大型になる品種ですが、
きつめに剪定して小さめに収めています。



この記事のURL | 2009 Roses | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カリスト Callisto
- 2009/05/19(Tue) -
P1020222_sh02.jpg

P1010869_sh01.jpg

カリスト Callisto
イギリス
1920
Pembertom
系統 ハイブリッドムスク
返り咲き
300cm

ギリシャ神話の中で悲しい運命をたどったカリストからの名前なのでしょうか?
蕾は淡い黄色 次第にクリーム色になる小輪咲きのカリストです。
樹木に沿わせてあるので、高い位置で枝垂れるように咲いています。
半日陰の場所なので、あまり大きくもならず丁度良い枝ぶりです。


この記事のURL | 2009 Roses | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アストランチャ
- 2009/05/17(Sun) -
P1020148_sh01.jpg
アストランチャ スターオブ ビュティ

P1020149_sh01.jpg
アストランチャ ローマ

P1020147_sh01.jpg
アストランチャ スノースター

セリ科 アストランチア Astrantia
原産 ヨーロッパから中央アジア

昨年の夏を何とか越して、
3種類が小さいながらも咲き始めています。

写真で見るとこの繊細な造形にあらためて驚いてしまいます。
実物は派手な色ではないので庭の中ではひっそりとした存在ですが、
是非大株に育ててみたい。
そんな気にさせるガラス細工のような花です。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ロサグラウカ  Rosa glauca
- 2009/05/17(Sun) -
P1020128_sh01.jpg

ロサグラウカ  Rosa glauca
別名 ルブリフォリアバラ Rosa rubrifolia
系統 原種
枝の色、葉の色が特徴的な原種グラウカ
今年は葉っぱを虫にかじられる事もなく健やかです。


この記事のURL | 2009 Roses | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ベルイシス  Belle Isis
- 2009/05/17(Sun) -
P1020096_sh01.jpg

昨日のイシス



P1020132_sh01.jpg

今日のイシス


ベル イシス  Belle Isis
ベルギー
1845
系統 ガリカ
Parmentier  ベルギー
強香
150cm


古代エジプトの女神イシスを冠した「美しいイシス」
今年は初めてその名前にふさわしく美しく咲きました。
地植えしたせいかな?
淡いピンクの中輪、ロゼット 可愛いです。



この記事のURL | 2009 Roses | CM(0) | TB(0) | ▲ top
レダ Leda
- 2009/05/17(Sun) -
P1020046.jpg

P1020042_sh01.jpg

                P1020196_sh02.jpg

レダ Leda
作出国 不詳
作出年 1827年以前
系統 ダマスク
別名 ペインテッド・ダマスク
樹高 2m程度

雨に打たれてしな垂れたレダ
何とか枝を立てなおすべく小さな柵に
括り付けました。
ホッ・・・・・。



            
この記事のURL | 2009 Roses | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アルバータイン Albertine
- 2009/05/16(Sat) -
P1020082_sh01.jpg

P1020124.jpg

アルバータイン Albertine
フランス
1921年
Barbier
系統 ランブラー
別名 アルベヌティーヌ

壁面に誘引のアルバータイン
上が昨日 下が今日の写真です。
駐車スペースの2面を覆って咲き始めています。
鋭い棘のせいでいつも邪険に扱われているアルバータインですが、
この時期だけは皆の視線を集めて、満足気です。



この記事のURL | 2009 Roses | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ジュノー Juno
- 2009/05/14(Thu) -
P1020017_sh01.jpg
ジュノー Juno
系統 ケンティフォリア
樹高 1.5m

4~5年程前に駒場バラ園で購入しました。
その頃のバラ熱は今よりもずーと熱かったかもしれません。
駒場バラ園又行ってみようかな。



この記事のURL | 2009 Roses | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コバノズイナ
- 2009/05/14(Thu) -
P1010915_sh01.jpg
          
                   P1010917.jpg

ユキノシタ科・落葉低木
コバノズイナ 

もう少しすると白い花穂でいっぱいになりますが、
この状態でも充分綺麗です。
傍のアイスバーグとの相性もよく、
小さなお気に入りのコーナーになりました。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ホワイト グルーテン ドルスト  White Grootendorst
- 2009/05/14(Thu) -
P1010960_sh01.jpg

P1010958_sh01.jpg

P1010961_sh01.jpg

ホワイト グルーテン ドルスト  White Grootendorst
アメリカ 1962年
eddie
系統ハイブリッド ルゴサ
樹高2m
四季咲き

ピンクグルーテンドルストの枝変わりという事なので、
花弁の1部にピンクが残っている物があります。

F.J.グルーテン ドルスト
は今年は咲きそうにありません(泣)


この記事のURL | 2009 Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ジキタリス
- 2009/05/14(Thu) -
P1020011_sh01.jpg
2年目のジキタリスです。

毎年ジキタリスを植えますが、
そのままにはせずに花後に処分します。
スペースを大きくとるので、仕方なくの選択なのですが、
この淡いアプリコットは気に入り、一株だけそのままに残しておきました。
今年は株をますます充実させしっかりした花穂を上げて
今見ごろです。

クリスマスローズのチビ苗が端に見えますが、
こちらも元気です。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。