スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ブルースター
- 2009/07/30(Thu) -
P1020708_sh01.jpg

                            P1020704_sh01.jpg

ブルースター  (オキシペタルム)
ガガイモ科
原産国 ブラジル~ウルグアイ

地植えのブルースターです。
このフェンスにオールドローズのドロシーパーキンスが満開のときにも
綺麗に咲いていました。
その後短めに剪定をして2回目の開花を迎えています。
キョウチクトウなどと同じように切り口から、白い樹液を出しますが、
これも肌に触れるとかぶれたりするようです。
この他に白やピンクも園芸店に並ぶ事がありますが、
やっぱりこのブルーが1番好きです。




↓U2   With Or Without You
この記事のURL | 季節の植物 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
サワギキョウ
- 2009/07/27(Mon) -
P1020727_sh01.jpg

P1020728_sh01.jpg

サワギキョウ(沢桔梗)
キキョウ科
ミゾカクシ属 
Wikipediaによると

『美しい山野草であるが、有毒植物としても知られる』
『横溝正史の長編推理小説「悪魔の手毬唄」では「お庄屋殺し」の名で登場し、場面を盛り上げた。』

とあります。
うちには傍にトリカブトも植えてあるのですが・・・・。
鶴屋南北の「東海道四谷怪談」でお岩が飲まされた毒は附子(トリカブト)だと
これも Wikipediaにありました。

有毒な植物って、結構沢山ありますね。

この記事のURL | 季節の植物 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
アメリカリョウブ
- 2009/07/24(Fri) -
P1020730_sh01.jpg

                                 P1020737_sh02.jpg

アメリカリョウブ
リョウブ科リョウブ属の耐寒性落葉低木
栽培適地:東北地方以南
樹高:1.5~2.5m
開花期:6月下旬~7月中旬
日照:日向むき

最近購入のルビースパイスという品種です。
調べてみると白い花でハミングバードという品種もあるようなので、
そちらの方が良かったかなと思いつつ、
まずはルビースパイスに出会ってしまったので、鉢植えで育ててみます。
薄緑の若々しい葉も柔らかなピンクのふわふわした穂状の花も、
今のところお気に入りです。


P1020712.jpg
10日ほど前に半額セールで見つけた温帯睡蓮プリンシマ
中心によく日が当るように、鉢を入れて底上げをしています。
葉の展開がまだこんな状態なので、今季咲くのか解りませんが、
白い花が咲くのを楽しみに育ててみます。




この記事のURL | 季節の植物 | CM(9) | TB(0) | ▲ top
イチジク
- 2009/07/21(Tue) -
P1020720_sh01.jpg
ご近所さんに頂いた枝を挿し木にして、4年目ぐらいです。
これは直立するタイプなので、姿勢よく上に伸びました。

                           P1020725_sh02.jpg
                          もう大きな1個は食べたのですが、
                          後20個ぐらいは収穫できそうです。
                          とても甘くて美味しい品種です。

P1020713_sh01.jpg
そして毎年果実酒にするブラックべりー
フェンス沿いに4~5m位伸びています。
綺麗な赤い色のお酒は食前酒にすると、
とても美味しいです。



↓ジュヴェッタ・スティール.の「Calling you」
この記事のURL | 季節の植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
アスクレピアス(宿根パンヤ)
- 2009/07/20(Mon) -
P1020692.jpg

P1020711.jpg

最近我家にやってきたスッキリした株立ちの小さな花がまとまって咲く可愛い花です。
名前が解らなかったのですが、
shinoさんの記事でアスクレピアス(宿根パンヤ)だと解りました。
多年草である事も解ってスッキリです。




↓Ronan Keating - Time After Time
この記事のURL | 季節の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アガパンサス
- 2009/07/19(Sun) -
P1020697_sh01.jpg

              P1020698_sh01.jpg

下向きに咲くアガパンサスです。
ごく普通のアガパンサスガ終わりそうな時期から
咲き始めたので遅咲きなのかな。
品種名は定かではないのですが、
花の感じから、アガパンサス・イナペルツスかもしれないと
思っています。
某ブログにアップされている花と、よく似ていますので。
スラーっと花茎が伸びて、控えめな優しい花が着きます。
下から覗くと花弁にラインが入っているのが見えます。
葉も細く繊細な感じです。




この記事のURL | 季節の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カサブランカ
- 2009/07/17(Fri) -
P1020679_sh01.jpg

                P1020680_sh01.jpg

無駄に大きい木(名前は?)の下に植えてあるので、
毎年同じくらいの花数です。
増えてはくれないけれど、消えてしまわない事が、
我家では重要なのです。
この豊かな白さ
やはり素敵なユリですよね。



↓Louis Armstrong の「 What A Wonderful World」
この記事のURL | 季節の植物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
朝日に輝く白です。
- 2009/07/15(Wed) -
P1020686_sh01.jpg

P1020688_sh01.jpg

P1020689_sh01.jpg

P1020687_sh01.jpg

小さな庭のあちこちに白いフロックスが咲いています。
花が終わる頃に剪定した枝を挿しておくと簡単に着くので、
こんな結果になっています。
白い花なのであちこちで咲いていても、うるさい印象にもならず、
私としては気に入った風景です。


梅雨明け早々よりのこの暑さ、皆さん如何お過ごしですか?
気分次第では果てしなくだらけてしまいそうなので、
何とか踏みとどまり早朝の散歩を実行したり、
ケーキやスコーンを焼いてみたり、
ミシンを出してカフェエプロンやテーブルセンターを作ってみたり、
簡単な楽しい事見つけて、
頑張っています!


ア~ それにしても暑いです。


↓a-ha の 「Take On Me」
この記事のURL | 季節の植物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
咲き続けています。
- 2009/07/13(Mon) -
P1020576_sh01.jpg
ヘメロカリス

P1020598.jpg
ブッドレア

P1020621_sh01.jpg

P1020602_sh01.jpg
フウロソウ

P1020603.jpg
オカノトラノオ

P1020619.jpg
ホスタ

P1020570.jpg
サンユウカ

いつもの花で代わり映えしませんが、
この蒸し暑さの中でも元気に咲き続けています。
この写真を見ながら、毎年同じだなーと思ったりしていましたが、
毎年同じ花が咲いてくれるってのも良い事かもしれませんよね。




↓Georges Moustaki 「Ma Solitude」
この記事のURL | 季節の植物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
アガパンサスとクレマチス
- 2009/07/11(Sat) -
P1020639_sh01.jpg

P1020641.jpg

購入時このクレマチスには「ジョゼフィーヌ」という名札がついていました。
いろんなサイトで見る「ジョゼフィーヌ」とはちょっと違う感じなのですが、
初めて育てる品種なので解りません。

花の感じは好きなのでこれはこれでOKですけどね。





↓UA 「悲しみジョニー」
この記事のURL | 季節の植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
赤いバラ
- 2009/07/10(Fri) -
P1020529_sh01.jpg
LDブレスウェイト
イギリス 1988年
ER デビッドオースチン

                    IMG_8742_sh01.jpg
                    イブピアジェ Yves Piaget
                    フランス 1985年  
                    メイアン


P1020611.jpg
FJ グルーテン ドルスト F.J. Grootendorst
アメリカ 1962年
eddie
ハイブリッド ルゴサ

                    P1020631_sh01.jpg
                    ガーディナル ヒューム  Cardinal Hume
                    イギリス 1984年
                     ハークネス


最近はバラの写真を撮るのを怠っていますが、
四季咲きのバラ達もポツリポツリと咲いています。
そろそろ葉っぱが惨めな事になっていますが、
我家ではいつもの事であきらめ気味です。




↓ Richard Marxの「Now and forever 」
この記事のURL | 2009 Roses | CM(2) | TB(0) | ▲ top
エキナセア
- 2009/07/09(Thu) -
P1020583.jpg

                P1020585.jpg
エキナセア
これを植えたのは3年ほど前になりますが、
あまり増えてくれません。
他の植物が大きくなって埋もれるように咲いています。
某ブログで見たココナッツライムという品種が
とても良かったのですがなかなか出会えません。





P1020607.jpg

アークトチス グランディス
ほぼ2ヶ月間ポツポツとですが咲き続けています。
流石に全体の姿は暴れてきましたが、
この中心の美しいブルーはいつ見ても綺麗です。



↓Underworldの「 Born Slippy 」
この記事のURL | 季節の植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
アカンサス モリス
- 2009/07/07(Tue) -
P1020613.jpg
アカンサスモリスが花穂をあげています。
ずいぶん前から、庭植えにしたり、鉢植えにしたりと、
何とか生きながらえていますが、狭い庭では理想のダイナミックな風景とは程遠いです。
でも何故か捨てられない。



P1020476.jpg

これは先日蓼科方面に行った時に見たサービスエリアの庭風景、
アカンサス モリスはこうでなくちゃ。

ーギリシャ時代から地中海沿岸で栽培されている宿根草で、
コリント建築の飾り模様として使われて以来、
西洋ではさまざまにデザイン化された。ー


・・・・だそうです。
そういえばギリシャ神殿の円柱の台座などにぎざぎざの葉っぱの模様が
あったような気が。


↓エニグマの「 Beyond the invisible」
この記事のURL | 季節の植物 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
「愛を読む人」
- 2009/07/04(Sat) -
今 話題の「愛を読む人」を見てきました。
ドイツ人作家ベルンハルト シュリンクのベストセラー「朗読者」の映画化です。
監督スはティーブン タルドリー

愛を読む人


「愛を読む人」 公式サイト
充実の公式サイトです。

この映画でケイト ウィンスレットはアカデミー最優秀主演女優賞を取っているし、
話題の映画でもありますから、ちょっと観て来ようかと思ったわけです。

ケイト演じるハンナが無期懲役を被っても隠したい秘密の内容が
イマイチ納得できなかったのですが、
ナチスが支配していたドイツで薄幸で孤独なケイトがどんな人生を背負って来たのか
あまり語られていなかったので、想像力を逞しくするしかありません。


ホロコーストにナチス親衛隊の一員として関わったケイトの裁判の場面は
痛々しくどうしょうもなく重苦しいものでした。
ケイトが裁判長に「もし あなただったらどうしますか?」と激しい口調で問いかける場面、
観客の私にも問いかけられている気がしました。

あの時代にホロコーストにやむを得ず関わった人の裁判が沢山あっただろうと思い、
戦争は被害者はもちろんの事、
加害者もその後の人生を大きく変えるものだといまさらながら強く感じました。

今までケイト ウィスレットは逞しい女優さんという印象だけでしたが、
今回はまあ良かったかな。





愛を読む人 レイフファインズ


マイケル役のレイフ・ファインズ
どの映画に出てもいつも寡黙です。
そしてとても好きな俳優です。

再び刑に服するハンナの朗読者となり「オデュッセイア」「ドクトルジバゴ」等を
テープレコーダーに吹き込む場面の気高い魂に泣けました。

レイフ・ファインズがでている事、アンソニー ミンゲラが制作にか変わっている事で、
「イングリシュ ペイシェント」を思い出しましたが、
「イングリシュ ペイシェント」の方が好きだったなー。


そんなこんなで連れと二人で楽しい時間でした。


この記事のURL | 季節の植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ペトレア
- 2009/07/02(Thu) -
P1020593.jpg

                  P1020592.jpg

ペトレア Petrea volubilis
クマツヅラ科 非耐寒性常緑つる性低木
原産:中南米
開花期:4~10月

今年もゴワゴワの葉をかき分けるようにして、
繊細かつ優美な花を咲かせました。
日当りを好む植物ですが、今年は庭の片隅に放置してしまいました。
花を見てからもっといい場所に移動すればよかったと、
反省しきりです。
内側の色が濃い部分が花、外側の細く薄い部分はガク片です。
咲き進むと濃い部分がハラハラと散ってしまいます。

白も一緒に植えてあるのですがそちらはまだ咲きそうにありません。

覚書
 * 乾燥が苦手なので、夏場は特に水切れに注意。
 * 堆肥や腐葉土などを混ぜた有機質に富んだ土に植えつける。
 * 日当りを好む。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。