スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
バイモユリ
- 2010/03/30(Tue) -
P1050682.jpg
山紫陽花の足元に植えてあるバイモユリ
山紫陽花の芽吹きと同時に咲き始めました。
もっとすっきりと見えるところへ移したいと思いつつそのままで
株を大きくしています。

P1050680.jpg
うつむいた花の内側
自然の作り出すこの造形
よほど下からでないと見えませんが
とても個性的、素敵です!


スポンサーサイト
この記事のURL | 季節の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ダブルプリムローズ
- 2010/03/29(Mon) -
P1050702.jpg

P1050708.jpg
いつもこの季節を楽しませてくれる花、
咲き進むと少しだけ淡いラベンダー色に染まって、
可愛いけれど、大人色の花。

私のカメラはおせっかいにも自動補正をやってくれるようなので、
なかなか本来の色が出てくれません。




この記事のURL | 季節の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
交配の行方
- 2010/03/28(Sun) -
2007年の交配が続々と結果を出しています。
まあそれなりの花が咲いてくるわけで、突然変異的に
特別は花は咲きませんでしたが、
どんな花で咲いてくるのかを待っているワクワク感は充分楽しめました。
まだ蕾で結果待ちもあるのでワクワク感はもうちょっと持続しそうです。

P1050669.jpg
                   
               P1050671.jpg

交配苗が沢山出来たので、
お友達にもプレゼントしたのですが、
今朝「こんな可愛いのが咲いたよ!」
と↑を持って来て見せてくださいました。

手持ちの花でのヘナチョコ交配苗を大事に育ててくれて
ありがとうございました。
それに喜んでもらえてとても嬉しい報告でした。





我家の方でもss、sd、ddと
それなりの花が沢山咲いてくれました。
結果を書いた札を加えて、
今整理中です。
P1050721.jpg

P1050724.jpg

P1050734.jpg

結果を踏まえてそれぞれの親株の性質が、
少しは解ってきましたが、
それを来季に生かそうと思っても今は花を切り取ってしまったりして
なかなかうまくは行きません。

もうこれ以上 駄花を増やす必要はないという気もしますが。



この記事のURL | Hellebores | CM(2) | TB(0) | ▲ top
原種系チューリップ アルバコエルレアオクラータ
- 2010/03/20(Sat) -
P1050660.jpg

P1050663.jpg

昨日と続いてこちらも原種系です。
ミニ丈のチューリップ、アルバコエルレアオクラータ

夏越しが難しそうなので、
来年も花を観る事が出来るのか?です。

昨日のポリクロマもとても好きな花ですが、
負けず劣らずこちらも可愛い!



この記事のURL | 季節の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
原種系チューリップ ポリクロマ
- 2010/03/18(Thu) -
P1050646.jpg
           P1050647.jpg
朝の光の中で
蕾を今にも開きそうなチューリップ、
ミニ丈の原種系チューリップ ポリクロマ

ふっくらした蕾は緑の筋が入っていて、
この状態でも充分綺麗です。



P1050649.jpg
           P1050650.jpg
お昼近くになって暖かい日差しが沢山降り注ぐようになると、
ゆっくり蕾を開きました。

夕方には又花を閉じていて
何日間かこの繰り返し、
どのくらいこんな様子を楽しめるでしょうね。



この記事のURL | 季節の植物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
遅咲きクリスマスローズ
- 2010/03/17(Wed) -
P1050626_sh01.jpg

P1050628.jpg

ssの魅力がたっぷり詰まった花、
姿勢よく、パキっと咲きました。

この記事のURL | Hellebores | CM(0) | TB(0) | ▲ top
原種系交配の苗から
- 2010/03/14(Sun) -
2008年11月に購入の松○園芸交配苗からの
初開花です。

原種系交配苗

P1050638_sh02.jpg
ラベルは渋いバイカラーダブルでしたが、
咲いた花は小輪(4cm)のsd、
予想とは大きく外れています。


咲き始めはコロンとしたカップでしたが、
咲き進むとやっぱり平咲きですね。
残念!

セミ部分はイマイチ、シベ部分もイマイチ、
白い花弁は◎
全体の雰囲気は◎
全てが小さくて可愛いです!
来年もこのままの大きさでいてね。


P1050639.jpg


この交配苗を2株買ったのですが、
もう1個の方は今年は咲く気はないようです。



この記事のURL | Hellebores | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ひっそりと淡いグリーンで
- 2010/03/14(Sun) -
初開花です。
沢山の苗の中にこんな花が咲いていました。
重ねも少ないし形も整ってはいませんが、
とても清々しい色です。

P1050587.jpg

P1050583.jpg
シベの感じもいいし
ちょっと嬉しい朝でした。




この記事のURL | Hellebores | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヒデコートダブル
- 2010/03/13(Sat) -
ダブルなのにネクタリーがあるヒデコート
今年はずいぶん株も大きくなりたくさんの花をつけました。


P1050545.jpg

P1050544.jpg
何処からが花弁なのか、
見分けるのが難しいくらいに外側の花弁は緑です。

可憐なクリスマスローズの中で
此花だけは独特な個性を発揮です。





この記事のURL | Hellebores | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クリスマスローズ終盤
- 2010/03/13(Sat) -
今週の火曜日から水曜日にかけては雪が積もったりして、
すっかり茎から曲がってしまったクリスマスローズですが、
この暖かさで持ち直してきました。
咲き進んでしまった花を摘み取りながら、
以前から育てているピンク系を少しだけ撮ってみました。


P1050322.jpg

P1050514.jpg

P1050512_sh01.jpg

P1050516.jpg

初開花ばかりに気持ちが向いてしまっているので、
注目されることも少なかったちょっと可愛そうなヘレボ達です。



この記事のURL | Hellebores | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クリスマスローズ花盛り
- 2010/03/05(Fri) -
今日は20度くらいになったでしょうか。
雄蕊がパラパラ落ちはじめて、
鉢の周りの掃除に忙しい日々です。

開花を待った時期は永かったのに
咲き始めると一斉で、
もうちょっと時差開花してほしいですよね。
ゆっくりそれぞれを眺めている暇がありません。


P1050607.jpg

P1050606.jpg

P1050608_sh01.jpg

P1050609.jpg

P1050611.jpg

P1050621.jpg

P1050614.jpg

P1050623.jpg



この記事のURL | Hellebores | CM(2) | TB(0) | ▲ top
あまり布一掃作戦続行中
- 2010/03/03(Wed) -
久しくアップしなかったあまり布一掃作戦続けています。
今回は携帯ポーチ、デジカメのケースにもなるサイズです。

P1050395.jpg

こんなのや
P1050398.jpg

こんなのや
P1050400.jpg

こんなの
P1050401.jpg

裏も表と合いそうな布で仕上げています。
P1050402.jpg

ちょっと気分を変えてこんなのも
P1050403.jpg

P1050405.jpg

バックの中に携帯をごちゃごちゃに入れておくと、
(そんなの私だけかもしれないけれど)
小さな傷が入ったりしませんか?
そんな時これは重宝するっと思ったんです。

すでにもう5人にもらわれていったと言うか押し付けてしまったので、
在庫確保のため今日も庭を眺めながら、ミシンを動かしていました。


この記事のURL | あまり布一掃作戦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クリスマスローズ ダーク系
- 2010/03/03(Wed) -
P1050439.jpg
昨年は茎が1本でしたが、
今年は何とか2本上げってきました。

P1050433.jpg
グレーをおびたダーク系の花、
来年は3本か4本お願いしますね!
緩やかでもいいから、
大株に育ってほしい花です。




この記事のURL | Hellebores | CM(0) | TB(0) | ▲ top
黒種印 パープルsd
- 2010/03/03(Wed) -
P1050440.jpg
昨年黒種草さんから頂いた花です。
大きな茎は2本ですが下の方に2本蕾を付けた茎が上がりつつあります。

P1050442.jpg

P1050443.jpg
ポイントはこのぎっしり付いた可愛いフリル、
大好きな花です。

ありがとうございました!


この記事のURL | Hellebores | CM(2) | TB(0) | ▲ top
天龍寺
- 2010/03/02(Tue) -
大覚寺から徒歩で臨済宗天龍寺派総本山 天龍寺へ!


天龍寺

時間がなくなり今回は大方丈前の曹源池庭園をメインに見ることにした。
中央奥に有名な石組みで表した「龍門の滝」がある。
「曹源池」の名は「曹源一滴」(あらゆる物の源初、根源の意味)から来ているそうだ。
夢想疎石が池の泥をあげたときこの4文字を記した石が出てきたと言う。
彼にとって作庭の行為は移り変わる自然の本質を探り、
又仏教の奥義に至る道でもあったようだ。
NHKBSでこの庭の石組みなどの詳しい解説番組を興味深く見ていたので、
はじめて見ると言う気はしなかったが、
「これが是非見たかった曹源池だ」と言う思いで、
しばし大方丈の階段に座り込んで眺めていた。



P1050257.jpg

P1050262.jpg

P1050268.jpg

P1050269.jpg

P1050273.jpg



P1050263.jpg
「多宝殿」の前にある大きな枝垂桜


P1050264.jpg


P1050429_sh01.jpg


この記事のURL | 奈良 京都への旅 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大覚寺
- 2010/03/02(Tue) -
大覚寺はもともとは嵯峨天皇の離宮「嵯峨院」として建立されたもので、
正式名称を「旧嵯峨御所大覚寺門跡」と言う。


大覚寺


P1050219.jpg

P1050228.jpg

P1050230.jpg

P1050243.jpg

広い境内には 正寝殿、御影堂、御霊殿などの堂が立ち並び、
それらが軽やかなリズムを持つ回廊で結ばれている。
回廊を渡りながら中庭を楽しんだり、
角度を変えて見える堂の姿を眺めたりした。

優雅な御殿風の佇まいは、平安貴族の生活を彷彿とさせてくれる。




P1050232.jpg

P1050224.jpg

P1050226.jpg
狩野派による襖画


P1050237.jpg
底冷えのする冬の大沢池
旧暦の8月15日には大沢池を中心に古式ゆかしく「観月の夕べ」が催されるそうだ。


P1050428.jpg

この記事のURL | 奈良 京都への旅 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
東寺
- 2010/03/02(Tue) -
2月13日
京都のシンボル的存在、東寺に!


東寺


P1050198_sh01.jpg

P1050205.jpg

P1050203.jpg
講堂

弘法大師空海が真言密教を伝えるために
その教えを視覚的に表した立体曼荼羅、須弥壇の中心には
美男におわす大日如来が、どっしりと座っていた。



P1050209_sh01.jpg
ボランティアの学生さんのらしき女性から
塔の歴史、構造などの詳しい説明を聞き
その後内部を見学した。

P1050421.jpg
御朱印帳の東寺ページ

P1050423.jpg
お遍路にいつか行ってみたいような、
まず絶対に無理でしょうから、
この地図帳で楽しむ事にしましょう!



この記事のURL | 奈良 京都への旅 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。