スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ゼルベ野外博物館
- 2010/01/16(Sat) -
P1040131.jpg
朝目を覚ましてカーテンを開けると、
カッパドキアの街はまだ闇に中にあった。
そしてコーランの響きが波打つように街全体を覆っていた。
それは朝1番の礼拝の時を知らせるのだろうか。
高く低く聞こえるコーランの響きは ここがイスラムの地である事を再認識させた。


ゼレべ野外博物館
P1040140.jpg

P1040157.jpg

P1040141.jpg

P1040161.jpg

P1040162.jpg

やわらかい岩をくりぬいた住居跡が無数にあり
教会のフレスコ画も綺麗だった。
キリスト教のギリシャ人90%とイスラム教のトルコ人の10%
が共存した時代もあったようだ。

しかも驚いた事にここには1960年頃まで村人が住んでいたそうだ。
岩が崩壊し危険だと言うことで今は近くに移住したらしい。

妖精でも澄んでいそうなメルヘンチックな三つの谷を今は
ゼルベ野外博物館として保存している。

この記事のURL | エジプト・トルコの旅 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ギョレメ野外博物館 | メイン | カッパドキア ウチサヒール他>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://snowgooseray.blog75.fc2.com/tb.php/847-503993ea
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。