スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
コンヤからパムッカレへ
- 2010/01/18(Mon) -
P1040332.jpg
コンヤは住宅ラッシュと言うことでカラフルな集合住宅を
沢山観る事が出来た。

P1040336.jpg
ナスレッディン ホジャ(1208~1284)の像
現地ガイド シナンさん話ではトルコの一休さん
大変ユーモアのある賢者だったそうで、面白い小話が沢山残っている。
日本語版の本もあり、移動中に面白く読む事ができた。
ホジャさんは後ろ向きにロバに乗っていた。



  



パムッカレ 石灰棚
ローマの遺跡の中を進むと突然そこだけ一面に白い台地が表れた。
あふれ出る温泉水が作り上げた白い台地はトルコ語でパムッカレ(綿の城)と呼ばれている。  
P1040363.jpg

P1040371.jpg

P1040352.jpg

P1040366.jpg

P1040362.jpg

            P1040369.jpg

P1040364_20100118233653.jpg

丘全体を白く染めた石灰棚だ。
靴を脱ぎ裸足になって滑らないように気をつけながら歩いてみた。
素足に触れる水は程よい暖かさで長旅の疲れがとれ心地よかった。



ヒエラポリス遺跡
P1040384.jpg
ローマ時代の廃墟のようにそのままに置かれた
それぞれの石組みが何故かとても美しかった。
人影の全くない景色だったせいかな。

P1040388.jpg
ローマ遺跡の円形劇場


P1040376.jpg
パムッカレ・テルマル
大理石の柱などヒエラポリスの遺跡が沈んでいる天然のプール
潜りながら遺跡見物が出来るって面白い!



この記事のURL | エジプト・トルコの旅 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<エフェス | メイン | コンヤ メヴラーナ博物館>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://snowgooseray.blog75.fc2.com/tb.php/851-8e20a0f0
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。