スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
トプカプ宮殿
- 2010/01/22(Fri) -
トプカプ宮殿

15世紀にイスタンブールを征服したメフメット2世が建設
歴代のスルタンが増築しながら400年にわたり居城としたとある。
P1040679_sh01.jpg
皇帝の門



P1040681.jpg
アヤ・イリニ教会


P1040683.jpg
表敬の門



P1040693.jpg
幸福の門


P1040695_sh01.jpg


P1040701.jpg
右端のご夫婦の食事風景がいいですね!

P1040712.jpg
最も奥ににあるテラスから

トプカプ宮殿は、庭園が中央部分にあり、その周りにいくつもの建物が取り囲む構造になっている。
会議の間、謁見の館、ハレム(一部だけ)、宝物館等を観光する。
宝物館の86カラットの「スプーン職人のダイヤモンド」は
照明を落とした部屋の中で遠くからでも輝いて見えた。

宝物館だけは長い行列が出来ていたが、
歴代のスルタンが集めた宝物の数々
ため息です。

ハレムは時間がなく見なかったのだが、
その中の厨房では当時1000人以上の料理人が、
常時5000人分の食事を用意していたとか・・・
驚き!



この記事のURL | エジプト・トルコの旅 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<スレイマニエ・ジャミー | メイン | グランドバザール>>
コメント
--
3年位前に 『トプカプ宮殿の至宝展』ってのを観に行った思い出が有ります!

262キャラットのコロンビア産の巨大エメラルドに
200個の、計約500キャラットのダイヤモンドを散りばめられたスルタンの「儀礼用ターバン飾り」は圧巻でしたよ!(笑)

特に印象的だったのは
トルコ原産のチューリップをモチーフを描かれた物が多くて
「チューリップ文様カフタン」なんかも綺麗でした。
(^O^)

2010/01/23 18:39  | URL | TITAN #t50BOgd.[ 編集] |  ▲ top

--
v-22TITANさん
今『トプカプ宮殿の至宝展』のHPを見てきました。
東京、京都、名古屋で開催されたのですね。
私も観ておけばよかったです。
そうすればもっと楽しめたかもしれないのに。
向うで買ったガイドブックなどを今見ていると
あらーそうだったの!
と思う事が多いです。

「儀礼用ターバン飾り」はほんとに凄いですね。
私も見たような気はするんですが、
ダイヤモンドに目がくらんではっきり覚えていないんですよ。
残念です。

カフタンと言うのは長衣のことなんですね。
知りませんでした。
トルコはチューリップが国花だそうで、
タイルや絨毯などに図案化されたものがもよく使われていました。

コメントいただいてありがとうございます。
2010/01/24 17:09  | URL | Ray #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://snowgooseray.blog75.fc2.com/tb.php/856-1df5b494
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。