スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
スレイマニエ・ジャミー
- 2010/01/22(Fri) -
オスマントルコ絶頂期のスルタン スレイマン1世のモスク
天才建築家シナンの傑作

現地ガイドのシナンさんの名前は
お父様が尊敬していたこの建築家から取ったそうだ。


P1040846.jpg

P1040843.jpg



モスク内部
P1040837.jpg

P1040836.jpg

P1040832.jpg

全体に軽やかで清々しい印象だった。
イズニックタイルのブルーがさわやかで、
ステンドグラスの窓から差し込む光で
ドーム全体がとても明るい。
外は垂れ込めた曇り空だったのに。

正面にミヒラブと白い大理石の説教壇がある。

今まで見たドームの中で1番好きかな。

P1040835.jpg
絨毯には一人の礼拝スペースがデザインされている。



夢枕獏の「シナン」
トルコへの興味がうすれないうちに是非読んでみたい。


P1040855.jpg
ガラタ橋から見たスレイマニエ・ジャミー


この記事のURL | エジプト・トルコの旅 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<アヤ・ソフィア | メイン | トプカプ宮殿>>
コメント
-Rayさんへ-
素敵なドームですね~
窓が多くてこのブルーがすごくきれいですよね。
タイルの一つ一つを見てみたいなあ。
他の写真でのトルコの人たちみんないい人に
見えます。
旦那さん(なんて呼んでましたっけ?)トルコ語も
学んだのですね。すごい!

2010/01/23 00:17  | URL | ようすけ #-[ 編集] |  ▲ top

--
v-22ようすけさん
このモスクは綺麗でしたよ。
寄付にもなると言うことで、
タイルをいくつか買いました。

現地の人はとても親日的な印象でした。
親切に接してくれましたよ。

トルコ語は短期間の特訓でしたが、
結構通じていましたよ。

でも今は又イタリヤ語に戻っています。
2010/01/24 16:29  | URL | Ray #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://snowgooseray.blog75.fc2.com/tb.php/857-1e5afbdc
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。